映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ちょっとまて野球部!」須賀健太が小関裕太と山本涼介に挟まれ「捕われた宇宙人」

1085

「ちょっとまて野球部!」初日舞台挨拶の様子。

「ちょっとまて野球部!」初日舞台挨拶の様子。

ちょっとまて野球部!」の初日舞台挨拶が、本日1月27日に東京・池袋HUMAXシネマズにて開催され、須賀健太小関裕太山本涼介、監督の宝来忠昭が登壇した。

ゆくえ高那のマンガを宝来が映画化した本作は、ある高校野球部の日常をほのぼのと描いた部活コメディ。野球部のキングオブバカ・大堀広揮が、夏合宿に参加するためテストの再追試に挑むさまが描かれる。

登壇キャストたちの名前が書かれたうちわを持つ観客たちの黄色い声に囲まれて“3バカ”を演じた3人が登場。須賀は「こないだの舞台挨拶のときに『俺の名前のうちわが少ねえ!』って言ったら、今日みんな書いてくれてありがとうございます。できたファンを持ちました!」と挨拶し、さっそく会場を温める。本作の脚本を手がけ本日の司会を担当した友池一彦が「野球をやらない映画ですが練習しましたか」と質問を投げかける。山本が「兄が野球をやってて甲子園とかメジャーリーグとか観てたんでそれを参考にして」と話すと、須賀は「メジャーリーグ参考にしたの!? この映画で!?」とツッコミを入れる。小関は「原作以上に野球をやってないし、野球をしない映画というのが面白いなって思いました」と笑顔で述べた。宝来は3人の演出について「原作にある愛すべきバカなキャラクターと本人の持つ魅力をうまく融合できたらいいなと思いました」と語った。

タイトルにちなんでお互いに“ちょっとまて!”と思ったことがあるかを問われた須賀は、山本の着ているジャケットを触りながら「このGジャンちょっと待てよ、切れてるぞ……。この丈、ちょっと待てよと思いましたね」とじゃれて観客の笑いを誘う。そして「あと山本との身長差。このポスターの俺は捕われた宇宙人みたいになってる」とポスターを指差しながら自虐的に話し、さらに会場を盛り上げる。山本は「お好み焼きを食べてるシーンで、2人のアドリブが面白いのに僕は笑っちゃいけないシーンだったからちょっと待てよ! うるさいよ!(笑)って」と撮影エピソードを明かす。小関は「服をはだけるシーンがわりとあるんですが、その撮影直前に2人とも筋トレしてたからちょっと待てよ! 今かよ!と。俺は違う作品で筋トレやってたからやらなくてよかったんです」とにこやかに述べた。

最後の挨拶をしようとした須賀が「外に出るのも嫌なくらい寒いから家に帰ってモンハンをやりたい!」と話すと、小関が「ちょっと待てー!」と瞬時にツッコミを繰り出す。須賀は「これは練習してました(笑)。ハッシュタグを付けて感想をつぶやいていただくと僕たちが続編で戻ってきたり……。『#小関裕太ツッコミ練習中』にしますか。なんでもいいのでつぶやいてください!」と笑顔でアピールし、和やかな雰囲気でイベントを締めくくった。

「ちょっとまて野球部!」は、池袋HUMAXシネマズほか全国でロードショー中。

(c)2017 ゆくえ高那・新潮社/「ちょっとまて野球部!」製作委員会

映画ナタリーをフォロー