映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「裁かれるは善人のみ」アンドレイ・ズビャギンツェフの新作「ラブレス」公開決定

121

「ラブレス」

「ラブレス」

「裁かれるは善人のみ」のアンドレイ・ズビャギンツェフ監督作「ラブレス」が、4月7日に公開される。

第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で審査員賞を獲得し、第75回ゴールデングローブ賞外国語映画賞へのノミネートも果たした本作。失敗した過去を清算し新しい幸せを追い求めようとする男女と、その一人息子の姿が描かれる。結婚生活が破綻しすでに別々のパートナーがいるボリスとイニヤは、新生活に必要としない12歳の息子アレクセイを押し付け合っていく。

マルヤーナ・スピヴァクアレクセイ・ロズィンらがキャストに名を連ねた「ラブレス」は、東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。なお第75回ゴールデングローブ賞の結果は、日本時間1月8日に発表される。

※「ラブレス」はR15+指定作品

(c)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS

映画ナタリーをフォロー