映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

宇宙ステーションが操作不能に!実話をもとにしたロシア映画「サリュート7」公開

128

「サリュート7」

「サリュート7」

ロシア映画「サリュート7」のポスタービジュアルと予告編が公開された。

ロシアにおける宇宙開発全般を担当する国営企業ロスコスモスが協力した本作は、1985年に旧ソビエトの宇宙ステーション・サリュート7号で実際に起こった出来事をモチーフにした物語。原因不明の故障で操作ができなくなったサリュート7号を修復するため、ステーションの開発に当初から関わっていた技師のヴィクトル、既に退役していたパイロットのウラジーミルがステーションと手動でドッキングし、直接修理を行う姿を描く。クリム・シペンコが監督を務め、ルボフ・アクショノーヴァやイリヤ・アンドリューコフが出演している。

YouTubeにて公開された予告編には、ウラジーミルがらがサリュート7とのドッキングするシーンなどを収録。その後、機能を停止した宇宙ステーション内部の様子、酸素が少なくなり帰還が危ぶまれる2人の姿などが捉えられていく。

「サリュート7」は、1月6日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催される「未体験ゾーンの映画たち 2018」の1本として上映。

(c)CTB Film Cie & Lemon Films

映画ナタリーをフォロー