「探偵はBARにいる」モンキー・パンチが探偵描く、大泉洋も感激「一生の宝物」

1373

探偵はBARにいる3」より、マンガ「ルパン三世」の作者モンキー・パンチが描いたイメージビジュアルが到着。主演を務める大泉洋もコメントを寄せた。

モンキー・パンチが描いたイメージビジュアルを持つ大泉洋。

モンキー・パンチが描いたイメージビジュアルを持つ大泉洋。

大きなサイズで見る(全16件)

「探偵はBARにいる3」キャラクターポスター探偵バージョン

「探偵はBARにいる3」キャラクターポスター探偵バージョン[拡大]

「探偵はBARにいる」シリーズは、東直己の小説「ススキノ探偵」シリーズをもとにしたサスペンス。吉田照幸が監督した今作では、大泉演じる探偵と松田龍平扮する相棒・高田が、北川景子演じるモデル事務所のオーナー・マリに翻弄され大きな事件に巻き込まれていく。

モンキー・パンチが描いたイメージビジュアル。

モンキー・パンチが描いたイメージビジュアル。[拡大]

モンキー・パンチと本作のコラボレーションは、シリーズ第1作と第2作の公開時より「探偵がルパン三世を連想させる」という感想が多く寄せられていたことから実現。モンキー・パンチによるイメージビジュアルは、バーで酒を飲みながら依頼を受ける探偵の姿をモチーフとしている。またモンキー・パンチは、本作を鑑賞し「ラスト約5分前、真実が判り主人公が苦悩する大泉さんの無言の演技は迫力満点、感動ものである。洋ワールドを思う存分楽しめた」と感想を述べた。

「子供の頃よく『ルパン三世』に似てる!と言われていた」という大泉は、今回のコラボを受け「仲間とのやりとりや雰囲気、ハードなアクションやヒロインの存在、三枚目のところもあるけれど、決めるときはちゃんと決めるというところなど、『ルパン三世』と“探偵”は共通点が多いと感じています。『ルパン三世』の雰囲気やキャラクターは、“探偵”を演じる上で実はとても影響を受けていました」とコメント。「モンキー・パンチ先生、本当にありがとうございました。一生の宝物にします!!」と喜びを語っている。

「探偵はBARにいる3」は、12月1日より全国でロードショー。

大泉洋 コメント

この画を渡された時は事前に全く聞かされてなかったので本当に驚きました。子供の頃から、とにかく「ルパン三世」が大好きだったのでこんなに嬉しいプレゼントはありません。ちょっと泣きそうになりました。
いただいた画は、“探偵”に、いろんな銃が向いていたり、ナイフが“探偵”の頭の上に刺さっていたり、壁に不二子を想像させる女性の絵が飾られていたりと、ハードボイルドな世界観がめちゃめちゃかっこよかったです。
私自身、子供の頃よく「ルパン三世」に似てる!と言われていたので、今回モンキー・パンチ先生が「探偵はBARにいる3」を見てくれた上で、私演じる“探偵”を描いてもらったというのは光栄の極みでございました。
「探偵はBARにいる」のファンの方々が感想として“探偵”をみて「ルパン三世」を連想するとおっしゃって頂いているようですが、実は僕もそう感じていました。
漫画の「ルパン三世」も「探偵はBARにいる」シリーズもハードボイルドな世界観だし、仲間とのやりとりや雰囲気、ハードなアクションやヒロインの存在、三枚目のところもあるけれど、決めるときはちゃんと決めるというところなど、「ルパン三世」と“探偵”は共通点が多いと感じています。「ルパン三世」の雰囲気やキャラクターは、“探偵”を演じる上で実はとても影響を受けていました。
モンキー・パンチ先生、本当にありがとうございました。一生の宝物にします!!

この記事の画像(全16件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

大泉洋のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 探偵はBARにいる3 / 大泉洋 / モンキー・パンチ / 吉田照幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。