映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

劇団チェルフィッチュのドキュメンタリー制作決定、太田信吾が監督

105

「言葉と身体でダイナマイト(仮題)」

「言葉と身体でダイナマイト(仮題)」

劇団チェルフィッチュの公演「『三月の5日間』リクリエーション」のドキュメンタリー「言葉と身体でダイナマイト(仮題)」が制作される。

監督を務めるのは、これまでチェルフィッチュ作品に俳優として参加してきた太田信吾。独特の言語と身体感をもとに演出を行う主宰者・岡田利規の創作プロセスを記録していく。

太田は「『三月の5日間』初演から13年。岡田自身が『時代劇』と呼ぶ戯曲を再演するということは、時代に逆行しているのでないか?という疑問も浮かびます。しかし、自己変革を続け表現を更新してきたチェルフィッチュだからこそ、その過程に大きなドラマがあるのではないかと考え、この制作に挑むことにしました。完成を楽しみにしていてください」とコメントしている。

「言葉と身体でダイナマイト(仮題)」は2019年以降に公開される予定。詳細は随時、太田が所属する映像制作会社「青の洞窟」の公式サイトで更新される。なお「『三月の5日間』リクリエーション」は2017年12月1日から20日にかけて、神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場で上演。

(c)太田信吾

映画ナタリーをフォロー