映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

解放区

解放区

カイホウク

解説

突然の友人の死と遺言と向き合った『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を監督し、高い評価を得た太田信吾の長編映画監督デビュー作となる人間ドラマ。ドキュメンタリー作家になることを夢見る映像作家の青年の姿を通して、西成区・釜ヶ崎という町とそこに息づく人々の生き様を映し出す。ドキュメンタリータッチの映像が印象的な1作。

ストーリー

小さな映像制作会社で働きながら、ドキュメンタリー作家になることを夢見るスヤマ。夢を語り、理解を示してくれる恋人もいる彼だが、ある日、取材現場での先輩の姿勢に怒りを爆発させてしまう。居場所を無くしたスヤマは、思い出の地である釜ヶ崎へと向かう。

2019年10月18日(金)公開[R-18] / 上映時間:114分 / 製作:2014年(日本) / 配給:SPACE SHOWER FILMS

(C)『解放区』上映委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー