映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「伊藤くん」“痛男”演じた岡田将生、木村文乃や佐々木希からの集中砲火にうつむく

761

「伊藤くん A to E」完成披露の様子。

「伊藤くん A to E」完成披露の様子。

本日11月21日、「伊藤くん A to E」の完成披露が東京・スターライズタワーにて開催され、キャストの岡田将生木村文乃佐々木希志田未来池田エライザ夏帆中村倫也田中圭、監督の廣木隆一が登壇した。

容姿端麗だが自意識過剰で無神経な“痛男”伊藤誠二郎役の岡田は、「思った以上にヤバいやつ」と自身が演じたキャラクターへの思いを明かしながらも「こんなにクズで駄目でバカな、アホなやつと、この夏を過ごせて気持ちよかったです」とにっこり。そんな伊藤と関わる脚本家・矢崎莉桜役の木村は「こんなに女であることを痛いと思わせてくれちゃう作品はなかなかない」と話し、「廣木監督との無言のアイコンタクトを大事にしていました」と撮影時を振り返った。

イベント中盤には、MCから女性キャストへ「伊藤くんに振り回されてどうでしたか?」と質問が飛ぶ。佐々木は「本当に胸が痛かったです!」「すごく嫌な気持ちになりました」と声を上げ、志田は「(伊藤の)圧迫感がすごいなって思いました」とうなずく。また、同じ話題を振られた池田は「関わりたくないですね」と即答し、夏帆は「すごく傷付きました」とつぶやいた。彼女たちのコメントを聞いた岡田が苦笑しながらうつむくと、木村は「この野郎って思っていたよ!」とさらなる追い打ちをかける。

そんな女性陣について、田中は「皆さん一生懸命でかわいらしかったですよ」と前置きをしたあと、「みんなクズです!」とまとめ、中村は「みんな小さな嘘をついてたりするから、女の子っぽくてかわいいなと。でもクズです」と田中の言葉に同意した様子で続ける。さきほど集中砲火を浴びた岡田は「皆さん、カットがかかるとすっごいちっちゃな声で『気持ちわりっ』って言うんですよ(笑)。心がクッとなったんですけど、でも(気持ち悪いのは)俺じゃないし、伊藤くんだからという気持ちでいました」と漏らした。

最後に木村は「ドロドロしつつもさわやかな映画。ぜひ愛してあげてください」と、岡田は「伊藤くんに出会えて本当によかった! 出ているキャラクターすべてを観察していただけたらいいなと思っています」と観客にメッセージを送り、ステージをあとにした。

「伊藤くん A to E」は、2018年1月12日より全国ロードショー。

(c)「伊藤くん A to E」製作委員会

映画ナタリーをフォロー