映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「伊藤くん」岡田将生&木村文乃が干支にちなんだ動物と対面、2018年の飛躍誓う

245

左から木村文乃、岡田将生。

左から木村文乃、岡田将生。

本日12月22日、「伊藤くん A to E」のイベントが大阪・生國魂神社にて行われ、キャストの岡田将生木村文乃が出席した。

大ヒット祈願を済ませた2人は、境内へと移動して干支の引き継ぎ式に参加。2017年の干支である酉にちなんだアフリカオオコノハズクのククル、2018年の干支・戌にちなんだ柴犬のすずかとともに、笑顔で記念撮影を行った。2018年の抱負を尋ねられた際には、岡田は「今年以上にお仕事で羽ばたけるようにがんばりたいと思います!」と、木村は「さらに“ワンアップ”できるようにがんばりたいと思います(笑)」と、干支にかけたコメントでさらなる飛躍を誓う。

最後に木村は「人の見てはいけないところを見るのが面白い、というシニカルな映画でもありますが、監督の廣木(隆一)さんが描きたい『人には、表面上で見えているものだけじゃない部分があるんじゃないか』ということを、丁寧に演出された映画でもあります」と本作をアピール。岡田は「“伊藤くん”が何を考えていて、どう行動するのか目が離せなくなる物語になってます」と見どころを語り、イベントを締めくくった。

廣木隆一が監督を務めた「伊藤くん A to E」は、容姿端麗だが自意識過剰で無神経な“痛男”伊藤誠二郎と、かつて一世を風靡した脚本家・矢崎莉桜をはじめとする5人の女性たちの関係を描く物語。1月12日より全国でロードショー。

(c)「伊藤くん A to E」製作委員会

映画ナタリーをフォロー