映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岡田将生の「本当に傷付けてやろう」に木村文乃「楽しみ」、「伊藤くん」現場レポ

347

「伊藤くん A to E」メイキングカット

「伊藤くん A to E」メイキングカット

岡田将生木村文乃のダブル主演作「伊藤くん A to E」の撮影に、映画ナタリーが密着した。

柚木麻子の同名小説を廣木隆一が映画化した本作。容姿端麗だが自意識過剰で無神経な“痛男”伊藤誠二郎と、かつて一世を風靡した脚本家・矢崎莉桜をはじめとする5人の女性たちの関係を描く。佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭がキャストに名を連ねる。

7月下旬、東京都内の専門学校に現れたのは、伊藤役の岡田と莉桜役の木村。シナリオライター志望の伊藤が、ドラマ研究会の指導役である莉桜に「長編を書いてみようと思う」と告げるシーンの撮影が行われた。

段取りを確認し、テストを行ったあとは本番へ。窓際で電話している莉桜が教室を出たところで伊藤に会い、そのまま話しながら2人で階段を下りていく様子が長回しで切り取られる。技術スタッフが意図せず映り込んだ際には、ほかのスタッフたちが「新しい登場人物だ!」「ここ、DVDの特典にしよう」と大笑いするなど、撮影は和やかな雰囲気で進んでいった。OKが出ると、廣木と岡田がにっこりと笑い合う場面も。

岡田は「誰もが抱く“傷付けられたくない”という思いを、口に出せる生き方をしているのは逆にすごいなと思うし、カッコいいなとだんだん肯定的になっている自分もいて(笑)。それを廣木監督に話したら『いい傾向だ』とおっしゃっていました」と、自身が演じたキャラクターへの思いを述べる。そして「僕の役だけクズだという印象があるかもしれないけど、女性キャラクターもけっこうダメな人たちなんですよ! でもクズとクズが話し合うのって素敵なんです!(笑) カップルで観たらどうなるんだろうな」と茶目っ気たっぷりに笑った。

今回が初共演となった木村について、岡田は“素敵な人”という印象を抱いたそうで「表情筋がたまにピクピクしているんです。そこに(莉桜の)すべてが出ている気がします」と撮影時のエピソードを明かす。今後控えているシーンに関しては「伊藤と莉桜の最後の場面がすごく楽しみ。本当に傷付けてやろう、号泣させてやろうって思います!」と意気込んだ。

一方の木村は、「伊藤くんについては、『シャイニング』のジャック・ニコルソンみたいな人が来たー!って思いました。彼がしゃべるだけでうわーという気持ちになるあたりも、たぶんのまれていますね」とコメント。さらに、伊藤に魅力は感じないと言い切ったあと、「今日も腹黒対決をしていたんですけど、この人(伊藤)はサンドバッグみたいだなあと思いました。みんなに勝手に言い寄られて、散々に言われて終わる。伊藤くん自身も傷付いてはいるんだけど、どこか飄々としていて、あまり近付きたくないタイプですね」と続ける。

また、岡田の「最後のシーンは本当に傷付けてやろう」発言について、木村は「莉桜は映画の前半で高飛車に上り詰めて、そこからどんどん鼻を折られていく。ラストシーンは落ちるところまで落ちてから上がっていくところなので、そういう気持ちで来ていただけると、私は心から折れることができるので楽しみです」とにこやかに話した。

「伊藤くん A to E」は1月12日より全国でロードショー。

(c)「伊藤くん A to E」製作委員会

映画ナタリーをフォロー