映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「スターシップ・トゥルーパーズ」第5弾に小山力也、上坂すみれ、小野賢章ら参加

104

「スターシップ・トゥルーパーズ」シリーズ第5弾「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」の予告編がYouTubeにて解禁。あわせて日本語吹替版キャストが発表された。

フルCGアニメとなる本作は、知能を持った昆虫型生命体バグと地球連邦軍の戦いを描くSFアクション。ポール・ヴァーホーヴェンが監督した1作目と同様、ジョニー・リコ役をキャスパー・ヴァン・ディーンが担当し、エド・ニューマイヤーが脚本を手がけた。「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」の荒牧伸志が、新鋭・松本勝と共同で監督を務めている。

吹替キャストとして参加するのは、ジョニー・リコ役の小山力也、ディジー・フロレス役の上坂すみれ、カール・ジェンキンス役の小野賢章、カルメン・イバネス役の喜多村英梨、エイミー・スナップ役の内田彩、トシ・ババ役の寺島惇太。予告編では、小山が声を当てるリコが部下たちに檄を飛ばす場面を観ることができる。

また、男勝りでぶっきらぼうな女性歩兵タミ・カマチョを、アイドルユニット・=LOVEのメンバーが演じることも決定。どのメンバーが配役されるかは、監督審査およびSHOWROOMで配信されるイベントの結果をもとに決定される。

荒牧は「今回は見渡す限りの大量のバグどもが皆さんを最後までおもてなしします!」とコメント。松本は制作の苦労を明かしつつ「前作インベイジョンのスタッフを中心に新しく良いスタッフにも恵まれ完成させる事が出来た訳です!」と述べている。

「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」は2018年2月10日より公開。なお日本語吹替版のみの上映となる。

荒牧伸志 コメント

スターシップ・トゥルーパーズファンの人には必ず喜んでもらえるように、そうじゃない人でもきっちり楽しんでもらえるように松本監督や精鋭のスタッフと共に並々ならぬ努力を尽くして作りましたので、皆さん是非大画面でお楽しみ下さい。今回は見渡す限りの大量のバグどもが皆さんを最後までおもてなしします!

松本勝 コメント

原作(宇宙の戦士)や実写映画版にはコアなファンが大勢います。荒牧監督もそのひとりであり、自分もまたそうでした。必然、こだわりがないハズはありません。そして映画版の原作者エドが加わり……風呂敷を畳むのが大変でした。しかし前作インベイジョンのスタッフを中心に新しく良いスタッフにも恵まれ完成させる事が出来た訳です!

高橋哲也(音楽)コメント

音楽制作用のムービーがアップデートされる毎にキャラクター達の表情、ディティールの細かさ、バグの数(笑)がどんどん凄い事になってゆくのをワクワクしながら音楽を作っていました。全作に関わるエド・ニューマイヤー氏や、リコ役のキャスパー・ヴァン・ディーン氏の参加等、マニアックなファンにも、一見さんにも楽しめる作品になっていると思います。是非、劇場でご覧になってください!!

(c)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー