「攻殻機動隊」新作アニメ製作決定、神山健治と荒牧伸志がタッグ

492

士郎正宗によるマンガ「攻殻機動隊」を原作とした新作アニメーションの製作が決定した。

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」キービジュアル (c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」キービジュアル (c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

大きなサイズで見る(全5件)

新作の監督を務めるのはテレビアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治と、「アップルシード」「アップルシード アルファ」の荒牧伸志。アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。現時点では、そのほかの詳細は明らかにされていない。

「攻殻機動隊」は、全身義体(サイボーグ)の主人公・草薙素子率いる内務省公安9課が、サイバー犯罪に立ち向かうさまを描くSF作品。なお本日4月7日に同作のハリウッド実写作品「ゴースト・イン・ザ・シェル」が公開された。

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

神山健治のほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ゴースト・イン・ザ・シェル / 神山健治 / 荒牧伸志 / 士郎正宗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。