映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

J・ブロードベントが初恋相手のC・ランプリングと再会「ベロニカとの記憶」予告

32

ジム・ブロードベントシャーロット・ランプリングが共演する「ベロニカとの記憶」の予告編がYouTubeで公開された。

「めぐり逢わせのお弁当」のリテーシュ・バトラがメガホンを取った本作は、2011年のブッカー賞に輝いたジュリアン・バーンズの小説「終わりの感覚」をもとにするミステリー。60歳を過ぎ1人きりで静かな引退生活を送る男・トニーが、ある奇妙な遺品を受け取ったことをきっかけに、長い間忘れていた青春時代の記憶や初恋の真実を紐解いていく。

予告編は、ブロードベント演じるトニーが穏やかな日々を過ごしている様子からスタート。ランプリング扮する初恋の女性・ベロニカと40年ぶりに再会したトニーが「私をなぜ捨てた」と問うさまや、若かりし頃の2人が登場するシーンが映し出されていく。青年時代のトニーとベロニカを演じたのは、「ダンケルク」のビリー・ハウルとテレビドラマ「Skins - スキンズ」のフレイア・メイヴァー

「ベロニカとの記憶」は、2018年1月20日より東京・シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

(c)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

映画ナタリーをフォロー