映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

AKB48田野優花、初主演作「リンキング・ラブ」公開迎え「エゴサーチします」

103

「リンキング・ラブ」初日舞台挨拶の様子。左から眞嶋優、長谷川眞優、樋井明日香、石橋杏奈、田野優花、白洲迅、中尾明慶、金子修介。

「リンキング・ラブ」初日舞台挨拶の様子。左から眞嶋優、長谷川眞優、樋井明日香、石橋杏奈、田野優花、白洲迅、中尾明慶、金子修介。

本日10月28日、「リンキング・ラブ」の初日舞台挨拶が東京・丸の内TOEIで行われ、キャストの田野優花AKB48)、石橋杏奈白洲迅樋井明日香長谷川眞優眞嶋優中尾明慶、監督の金子修介が登壇した。

本作は、田野演じる女子大生・美唯がバブル末期の1991年にタイムスリップし、両親と自分の未来のためにアイドルグループ・ASG16を結成するコメディ。映画初出演にして主演を務めた田野は「やっと観てもらえる! 待ってました!という気持ちです」と緊張の面持ちで挨拶し、「反応が気になるからTwitterでエゴサーチします」とコメントする。

美唯の母・由美子を演じた石橋は、学園祭で野外ステージに立つ場面の撮影で、全身に30枚のカイロを貼っていたと明かしながら「お母さん役、コスプレ、アイドルとしての歌やダンスのシーンなど、すべてが初めてづくしで濃い現場でした」としみじみ。そして由美子の恋人で、のちに美唯の父となる健一郎役の白洲は「石橋杏奈のラムちゃん姿を生で見れてラッキー」と、にやけながらコスプレのシーンに言及する。

ASG16のダンス指導をする加賀修造役の中尾は「みんながかわいい!って持ち上げてくれるから気持ちよくなって、イケてると思ってスクリーンで観たら、まあブスで! 女性の『かわいい』ほど信用できないものはないと思いましたね!」と複雑な胸の内を明かし、「作品はもちろん、1人ひとりのメンバーも応援してもらって、早く僕の女装姿は忘れてもらえたらと思います(笑)」と観客に語りかける。金子は「アイドルはかわいさを獲得して成長していくものだと思いました。撮影が進むうちにみんなどんどん可愛くなっていったと思います」と撮影時を振り返った。

(c)2017 AiiA Corporation

映画ナタリーをフォロー