13月の女の子

13月の女の子

ジュウサンガツノオンナノコ

2020年8月15日(土)公開 / 上映時間:97分 / 製作:2020年(日本) / 配給:チーズfilm

(C)2020 映画「13月の女の子」製作委員会

解説 2017年に初演され、好評を得た同名舞台を映画化したSFファンタジー。舞台の制作チームが映画化のために改稿した脚本を基に、亡くなった友を思う女の子たちの友情を描く。主演は新進女優の小宮有紗。監督は、舞台版の初演の演出を担当し、演劇界でも注目を浴びる一方で、映画監督デビュー作『名前』も高い評価を得た戸田彬弘が務めている。

ストーリー 女子高生の穴森一穂は引っ込み思案な性格が災いして、クラスに馴染めないでいた。つまらない学園生活を送る中、彼女は生まれつき心臓病を患う唐木田巫女と偶然出会う。しかし、仲良くなった矢先に巫女は死去。深い悲しみに暮れていた一穂に一通の手紙が届く。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全8件)