映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

中山美穂がキム・ジェウクと釜山映画祭に出席、腕組みレッドカーペット歩く

96

左から中山美穂、キム・ジェウク。

左から中山美穂、キム・ジェウク。

中山美穂が5年ぶりの映画主演作「蝶の眠り」を携え、10月12日に第22回釜山国際映画祭のレッドカーペットイベントに出席した。

同映画祭のガラプレゼンテーション部門に出品された本作。初の海外映画祭への参加となった中山は、共演者のキム・ジェウクと腕を組みながらレッドカーペットを歩き「たくさんの歓声に包まれて、とてもうれしかったです」と心境を述べる。またキム・ジェウクは「中山さんとレッドカーペットを歩けて光栄でした。大きな声援をいただけてよかったです」と語り、イベントへの登壇が叶わなかった監督のチョン・ジェウンは「とても素敵なカップルでした。レッドカーペットでのお二人の姿を見ることができ、私は満足です!」とコメントを寄せた。なお、本作の公式上映は明日10月14日に行われる。

「蝶の眠り」は、アルツハイマーを患う作家・松村涼子と、彼女と惹かれ合っていく韓国人留学生チャネの姿を描いたラブストーリー。2018年5月に日韓同時公開。

(c)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS

映画ナタリーをフォロー