映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

桐谷美玲が総理大臣目指す「リベンジgirl」、恋の相手となる秘書役に鈴木伸之

1056

桐谷美玲の主演作「リベンジgirl」に、相手役として鈴木伸之劇団EXILE)が出演するとわかった。

本作は、東大卒でミスキャンパス1位に輝く美貌を持ちながら極度の性格ブスである宝石美輝(たからいしみき)が、大失恋をきっかけに女性初の内閣総理大臣を目指すラブストーリー。「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」「覆面系ノイズ」の三木康一郎がメガホンを取った。

ドラマ「あなたのことはそれほど」や映画「東京喰種 トーキョーグール」の鈴木が本作で演じるのは、美輝の選挙参謀となる敏腕秘書・門脇俊也。無愛想で毒舌、硬派な性格で、美輝の選挙に出る動機にもあきれていたが、彼女のひたむきな姿を見て次第に心を開いていくという役どころだ。

この発表にあたり、鈴木は「選挙を舞台にした作品は初めてなので、すごく楽しみな気持ちと、勉強していかなくては。という気持ちでいっぱいです」「恋愛も絡めてあったり、笑える所もあったり、優しい雰囲気の映画になると思うので、皆さんぜひ劇場に観に来ていただければ」とコメントを寄せた。

同時に、そのほかの追加キャストも明らかになった。美輝の失恋相手で、政治家の家族に生まれたサラブレッド・斎藤裕雅役でMEN'S NON-NOモデルの清原翔、美輝の出馬を手伝う仲手川万里子役で「お前はまだグンマを知らない」の馬場ふみか、裕雅に思いを寄せる女性・百瀬凜子役で「ユリゴコロ」の佐津川愛美が出演。さらに裕雅の父親である現職国会議員・斎藤茂役で、大和田伸也も参加する。

「リベンジgirl」は12月23日より全国ロードショー。

鈴木伸之 コメント

選挙を舞台にした作品は初めてなので、すごく楽しみな気持ちと、勉強していかなくては。という気持ちでいっぱいです。
主演の桐谷さんはニュースやドラマなど沢山の顔を持つ方だなと思いますし、女性として、女優としてすごく品のある方だな。と感じます。
そんな桐谷さんと一緒に良いお芝居が作っていけるように、そして良い作品になるように、出演者、スタッフ一同一丸となって作品を作り上げていきたいと思います。
恋愛も絡めてあったり、笑える所もあったり、優しい雰囲気の映画になると思うので、皆さんぜひ劇場に観に来ていただければ。と思います。

(c)2017「リベンジgirl」製作委員会

映画ナタリーをフォロー