映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

乃木坂46西野七瀬が学生時代にやり残した後悔とは?「あさひなぐ」女子高生試写会

1570

左から富田望生、西野七瀬(乃木坂46)、斉藤優里(乃木坂46)。

左から富田望生、西野七瀬(乃木坂46)、斉藤優里(乃木坂46)。

乃木坂46が主演を務める映画「あさひなぐ」の女子高生限定試写イベントが、本日9月8日に東京・神楽座で行われ、乃木坂46の西野七瀬、斉藤優里、共演の富田望生が登壇した。

こざき亜衣のマンガをもとにした「あさひなぐ」は、薙刀に青春を懸ける女子高生たちの成長を描く物語。西野は元美術部の主人公・東島旭役、斉藤は旭の同級生役、富田は旭が所属する薙刀部のムードメーカー・大倉文乃役を務めた。

映画の内容にちなみ女子高生限定で行われた今回の試写会には、制服姿の女子高生が80名集結。西野は自身の高校時代を振り返り、「もっといっぱい制服姿で写真を撮っておけばよかったなと思う。今みたいに自撮り文化がなかったので……制服を着られる特権があるうちに!」と伝える。一方、斉藤は「私はめっちゃ写真を撮るタイプで、今の携帯にも学生時代の写真が残ってる。ライブの合間にもセルカ棒を持って撮ったりしますよ」とコメント。3人の中で唯一の現役女子高生である富田は、“先輩”たちの話を受けて「映画の看板の写真とかをSNSで広めてもらいたいです! よろしく!」とPRの協力を要請する。

来場者とのQ&Aコーナーも行われ、「もし学生時代に戻れるのなら、どんな部活に入って青春したいですか?」と尋ねられた西野が「私は文化部がいいな。華道部がよかったです。お菓子を食べられるし……」と回答すると、斉藤は「それ茶道部じゃない!?」とすかさずツッコミ。会場が爆笑に包まれる中、茶道部と華道部の違いに気付いた西野は「そっか!」とつぶやき、「でも茶道のお茶って苦いですよね? 飲めないからやっぱり華道部で。華道部をやりながらお菓子を食べたい」とマイペースな口ぶりで答えて会場を和ませた。

映画の見どころについては、西野は「まいやん(白石麻衣)演じる宮路真春を呼び出して、(自分が)後輩なのに生意気に食って掛かる場面」と劇中のワンシーンを挙げ、「撮影したときも大事なシーンだと思ったし、完成したものを観てもそこのシーンが好きだなと思ったので注目して観てもらえたら」と解説する。続いて富田は「伊藤万理華ちゃんが演じる部長のえりちゃんが自分の中で葛藤するシーンです。あのシーンは万理華ちゃんも1つひとつ気持ちを作りながら撮影していたので注目してもらいたいです」と紹介し、斉藤は「最初のほうで七瀬と一緒になぎなた部の演目を観ているときの私の顔芸に注目してほしいです。なかなか変な顔をしています!」と盛大にアピールした。

映画「あさひなぐ」は9月22日より全国ロードショー。

(c)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (c)2011 こざき亜衣 / 小学館

映画ナタリーをフォロー