イスタンブールで暮らす7匹の猫捉えたドキュメンタリーが11月公開

213

ドキュメンタリー映画「Kedi」が、「猫が教えてくれたこと」の邦題で11月より東京・シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開される。

「猫が教えてくれたこと」

「猫が教えてくれたこと」

大きなサイズで見る(全12件)

「猫が教えてくれたこと」

「猫が教えてくれたこと」[拡大]

「猫が教えてくれたこと」

「猫が教えてくれたこと」[拡大]

「猫が教えてくれたこと」は、トルコ・イスタンブールで暮らす野良猫たちの記録映画。生まれたばかりの子猫にエサをあげるため市場の食べ物を狙うサリや、レストランの近くに住みネズミ退治を仕事にしているアスラン、高級デリカテッセンからエサをもらっているデュマンといった7匹の猫たちと、人々との温かな関係性がつづられる。また地上から約10cm離れたカメラを使用し、猫の目線からイスタンブールの街並みが捉えられていく。

メガホンを取ったジェイダ・トルンは「猫がふいにひざの上に乗ってきて、おとなしく背中をなでられながらゴロゴロと喉を鳴らしているような雰囲気の映画になればいいなと思っている」とコメントを寄せた。

この記事の画像(全12件)

全文を表示

関連記事

関連商品

(c)2016 Nine Cats LLC