「累-かさね-」実写映画化、他人の顔奪う口紅手にした女優を描くサスペンス

2188

松浦だるまによるマンガ「累-かさね-」の実写映画化が決定。2018年に公開される。

「累-かさね-」11巻書影

「累-かさね-」11巻書影

大きなサイズで見る

2013年からイブニングにて連載中の「累-かさね-」は、母の遺した魔法の口紅によって他者の顔を奪う能力を手にした主人公・累が、演劇界でのし上がっていくサスペンス。本日6月23日の11巻発売にあわせ、このたび実写映画化が発表された。映画の出演者、ストーリーなどは現時点で明らかになっていない。詳細は続報を待とう。なおWebサイト「モアイ」では「累-かさね-」第1~2話の試し読みページも公開中なので、気になる人はのぞいてみては。

関連記事

松浦だるまのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 累-かさね- / 松浦だるま の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。