映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

柿原徹也「ナツやルーシィに会えてウキウキ」、劇場版「FAIRY TAIL」収録振り返る

1387

「劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-」初日舞台挨拶の様子。左から釘宮理恵、平野綾、真島ヒロ、柿原徹也、茜屋日海夏、タカオユキ。

「劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-」初日舞台挨拶の様子。左から釘宮理恵、平野綾、真島ヒロ、柿原徹也、茜屋日海夏、タカオユキ。

劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-」の初日舞台挨拶が本日5月6日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、キャストの柿原徹也平野綾釘宮理恵、主題歌を担当したPOLKA DOTSの茜屋日海夏i☆Ris)とタカオユキみみめめMIMI)が登壇した。

真島ヒロによるマンガをもとにした本作は、魔導士ギルド“妖精の尻尾(フェアリーテイル)”の活躍を描くバトルファンタジー。孤島ステラ王国を舞台に、主人公のナツや仲間のルーシィらが、世界を滅ぼす力を秘めた杖・竜の涙(ドラゴンクライ)を奪還するため戦いに身を投じる。

ナツ役の柿原は「こんなにたくさんの方に時間をいただけて、最高の作品にすべく月日をかけて命を懸けて作ってきたので、役者としてスタッフとしてうれしく思っています」と観客に向かって挨拶。ルーシィを演じる平野は「『FAIRY TAIL』はキャストやスタッフさん、支えてくださるファンの皆さんの熱がすごい作品だなと実感しています。劇場版も皆さんの熱で盛り上げていただけたらうれしいです」と声を弾ませる。

平野から劇場版制作の話を聞いたと言う柿原は「いつ収録するかとかも全部平野さんに聞いて。ウキウキしながら収録しました。久しぶりにナツやルーシィに会えるっていうのでね、すごくうれしかったです」と楽しげに振り返る。ハッピー役の釘宮は「私はすぐにハッピーになれまして、楽しく収録することができました」とコメント。一方、テレビシリーズの収録から時間が空いていることに触れた平野は「声の質が変わったりもあったので、そこを調整するのが難しかったです」と述懐した。

イベントには、原作者で本作の総合プロデュースを務めた真島も登壇。真島は「今回の劇場版が皆さんにどのように映ったかわからないですけど、もし面白かったら、それはスタッフや声優さんたちの力だと思うので、その方々をねぎらってほしいなと思います」と観客にメッセージを届ける。最後の挨拶を振られた柿原は「長年ナツと歩んできて、ルーシィ、ハッピーとともに冒険してきました。皆さんに恥じない作品を作ったとという自信があります」と力強く語った。

(c)真島ヒロ・講談社/劇場版フェアリーテイルDC製作委員会

映画ナタリーをフォロー