映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

押井守が「ゴースト・イン・ザ・シェル」を称賛、「ゴージャスな作品になる」

105

押井守

押井守

ゴースト・イン・ザ・シェル」の字幕付き特別映像がYouTubeにて解禁された。

本作は、士郎正宗のマンガ「攻殻機動隊」をもとにしたSFアクション。原作の草薙素子に当たる全身義体の主人公“少佐”をスカーレット・ヨハンソン、少佐の上司・荒巻大輔をビートたけしが演じる。

特別映像は、「攻殻機動隊」のアニメ版「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」で監督を務めた押井守が、「ゴースト・イン・ザ・シェル」の撮影現場を訪問した際の様子を収めたもの。押井は「間違いなく、今まで作られた『攻殻』の中で一番ゴージャスな作品になると思う」と述べている。また、映像には実写版監督のルパート・サンダースも登場し、押井に対して「彼が想像した世界は本当に壮観だ」と敬意を表している。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」は4月7日より公開。

(c)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー