映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ねこあつめの家」伊藤淳史、忽那汐里、木村多江が猫の優秀さに感嘆

360

「ねこあつめの家」完成披露の様子。

「ねこあつめの家」完成披露の様子。

本日3月9日、「ねこあつめの家」の完成披露が東京・シネマート新宿で行われ、キャストの伊藤淳史忽那汐里木村多江、監督の蔵方政俊が登壇した。

本作は、ゲームアプリ「ねこあつめ」をもとにした実写映画。一軒家を借りて行われた撮影を忽那が「風通しのいい家だったので気持ちよくて。猫を眺めながら伊藤さんと畳の上でゴロゴロしていましたね」と振り返ると、伊藤は「女優さんとゴロゴロした経験は今までにないので、いろんな意味で貴重な時間を過ごしました」とはにかむ。そして「伊藤くんには何をしても受け止めてくれるような信頼感があって、すごくやりやすかったです。彼のおかげで新しいキャラが作れました」と話す木村の演技を、伊藤は「世の中の木村多江像を覆すようなキャラクターをすごくチャーミングに演じていました」と評した。

チョーヤ梅酒「うめほのり」のCMに出演したシナモン、「先生と迷い猫」のドロップらたくさんのスター猫が登場する本作。忽那は「ものすごく優秀な猫ちゃんたちでした。テイク数をほとんど重ねることがなくて」と明かして観客を驚かせ、伊藤は「台本に猫の動きが細かく書かれていて『書くのは自由だけど猫にやらせるのは大変だろ』って思っていたんですが、猫たちはそれができちゃうんです。台本以上のことをしてくれました!」と感嘆した。

「ねこあつめの家」は4月8日より全国でロードショー。

(c)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

映画ナタリーをフォロー