映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

杉咲花が日本アカデミー賞最優秀助演女優賞に、母役・宮沢りえとのエピソード明かす

1073

湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花が、第40回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞に輝いた。

これは本日3月3日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式にて発表されたもの。杉咲は「この日が近付くのが怖くて、2週間くらい前から眠れなくて……」と緊張の面持ちで話す。そして「昨日、お母ちゃんを演じられた宮沢りえさんに『どうしよう』とメールしたら『どんな結果でも得たものは変わらないから』と返事をいただきました」と明かし、「一番幸せなのは、この作品に携わらせていただいたことです」と涙をこぼしながら挨拶した。

なお授賞式には、優秀助演女優賞の受賞者も出席した。「シン・ゴジラ」の石原さとみは、共演した長谷川博己について「何を考えているかわからないときが多々ありまして(笑)。でもいつもフラットでいてくれて安心感を与えてくださる」とコメント。同作から選出された市川実日子は、セリフを早口で言うことに苦戦したといい「ずっと九官鳥のように、呪文を唱えるように練習していました。撮影後のアフレコでは、あまりの早さについていけなくて!」と述べて会場の笑いを起こす。「怒り」の広瀬すずは、監督の李相日との思い出を「監督は一番の味方でいてくださって。自分ができないのが悔しいんですが、朝になるといつも『今日も監督に会う瞬間があるな』って……」と振り返り、「バースデーカード」の宮崎あおいは、「亡くなってしまうお母さんというよりは、残された家族にスポットを当てた作品です。撮影は前向きな気持ちのまま進んでいったように思います」と撮影時を懐かしんだ。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

※日本アカデミー賞関連記事はこちらから

優秀助演女優賞

※★印が最優秀助演女優賞
石原さとみシン・ゴジラ
市川実日子「シン・ゴジラ」
杉咲花湯を沸かすほどの熱い愛
広瀬すず怒り
宮崎あおいバースデーカード

撮影:佐藤友昭

映画ナタリーをフォロー