映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

窪塚洋介と降谷建志の共演作「アリーキャット」に市川由衣がヒロイン役で出演

125

窪塚洋介Dragon Ash降谷建志が共演する「アリーキャット」に市川由衣が出演することがわかった。

「木屋町DARUMA」「トマトのしずく」の榊英雄が監督を務めた本作は、警備会社のアルバイトをしながらひっそりと生きる男が、ひょんなことからバディとなった男と一緒に、1人の女を守るため奮闘する物語。主人公の元ボクサー、“マル”こと朝秀晃を窪塚、自動車の整備工場で働く“リリィ”こと梅津郁巳を降谷が演じる。

市川が演じるのは、マルにボディガードのアルバイトを頼むシングルマザーのヒロイン土屋冴子。2人との共演について市川は「私たち世代のカリスマである窪塚さん降谷さんと共演させていただける日がくるなんて夢にも思いませんでした。あの頃の私に教えてあげたい!」と喜びを語り、「自分のちっぽけさが恥ずかしくなるくらい……役者としてはもちろん、人として人間力溢れるお二人から刺激をたくさんもらいました。大好きです」と思いを述べている。

「アリーキャット」は、7月より東京・テアトル新宿ほかにて全国ロードショー。

市川由衣 コメント

私たち世代のカリスマである窪塚さん降谷さんと共演させていただける日がくるなんて夢にも思いませんでした。あの頃の私に教えてあげたい!
自分のちっぽけさが恥ずかしくなるくらい……役者としてはもちろん、人として人間力溢れるお二人から刺激をたくさんもらいました。大好きです。
冴子に私を選んでくれた監督に応えようと必死な日々で……撮影からかなり時間は経っていますが、未だに冴子の事を考えてしまいます……。
2週間と短い撮影期間でしたが寒空の下、愛情溢れるスタッフ、キャストの皆さんと過ごした濃厚で熱い時間は私の宝物となりました。

榊英雄 コメント

アリーキャットの世界の中で、窪塚洋介さん降谷建志さんの2人が演じるマルとリリィと出会い、濃厚な旅を過ごすシングルマザー冴子。静かな佇まいでひっそりと棲息しているが、耐える力、生き抜く力、そして母性愛を沢山秘めている女性。その冴子にようやく出会えた。
それが、市川由衣さんでした。
そして撮影から一年、本当の母に。彼女の存在が、映画にとっての母でした。
大変な撮影ばかりで、ごめんなさい。

(c)2017「アリーキャット」製作委員会

映画ナタリーをフォロー