映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「暗黒女子」飯豊まりえ「清水富美加ちゃん含め、みんなで作り上げた」と声震わす

594

「暗黒女子」完成披露舞台挨拶の様子。

「暗黒女子」完成披露舞台挨拶の様子。

暗黒女子」の完成披露舞台挨拶が、本日2月21日に東京・新宿バルト9にて開催され、飯豊まりえ清野菜名玉城ティナ小島梨里杏平祐奈千葉雄大、監督の耶雲哉治、原作者の秋吉理香子が登壇した。

本作は、聖母マリア女子高等学院のカリスマ美少女・白石いつみの死を巡って繰り広げられる愛憎劇。いつみを飯豊が演じ、いつみの親友・澄川小百合を清水富美加が演じた。

飯豊は「完成したものを観て、私自身驚愕しました! 学校一のマドンナという役柄ですごく難しかったですが、“裏切りエンタテインメント”ということで、私もいつみちゃんをだまそうと思って演じました」と振り返る。また男性キャストとして唯一登壇した千葉は「こんなにかわいい子たちが体を張って演技なさっていて、ドキっとしました。男って無力だなって思いました(笑)」と告白する。

現場での様子を聞かれると、飯豊は「見ての通り、まったく暗黒感のない子が演じているんです」と言って平を指し、「“闇鍋”のシーンは胃が痛くなるくらいだったんですけど、カットがかかったら『あー、体力使った! お菓子食べに行こ!』って(笑)。本当に平和でした」と振り返る。しかし耶雲が「女の子たちはかわいいなと思って見てたら、お菓子じゃなくてスルメ食ってるんだよ! 完全に幻滅!」と暴露し、千葉も「マカロンとかじゃないんですか?」と笑う。小島と平が「じゃこも食べてましたよ」「煮干しとアーモンドとか」と情報を付け加えると、飯豊は「夢がなくなるじゃん!」と必死で制止した。

モデルとしても活躍する玉城は、現場でも流行りの美容グッズを携帯していたそう。清野は「ティナちゃんの美意識が高すぎて、自分の膝を見たときカッサカサでヤバいと思って(笑)。次の日コンビニでボディクリームを買いました」と笑いを誘った。

耶雲は「まりえちゃんとは撮影の2週間くらい前から一緒に特訓しました。最初はうまくいかなくて悔し涙を流していたけど、毎日悩みながらがんばって完成させてくれた」と飯豊の努力をたたえる。また、事務所の都合によりこの舞台挨拶を欠席した清水にも言及し「清水富美加ちゃんも、どうすればこの映画が面白くなるか、どうすればお客さんがもっと驚いてくれるかを考えてくれた。現場でも率先して演技プランやアイデアを出してくれました。この小百合というキャラクターは、清水富美加という女優じゃなかったら生まれることはなかったんじゃないかというくらい、すごみのあるキャラクターになっています。本当にヤバいです!」と力強く語る。

最後に飯豊は、目を潤ませて「清水富美加ちゃんが今日ここに立てなかったのはすごく残念に思っています」と話す。声を震わせながら「私は富美加ちゃんの人柄がすごく好きですし、一緒にがんばろうねって言っていました。富美加ちゃん含め、みんなで一生懸命この作品を作り上げたということに嘘はないです。ここにいるみんなや監督と、1人でも多くの方に届けていけるようがんばりたいです」と意気込んだ。

「暗黒女子」は4月1日より全国ロードショー。

(c)2017「暗黒女子」製作委員会 (c)秋吉理香子/双葉社

映画ナタリーをフォロー