清水富美加×飯豊まりえ「暗黒女子」、主題歌はCharisma.comの新曲

319

清水富美加飯豊まりえがダブル主演を務める「暗黒女子」の主題歌を、Charisma.comが担当するとわかった。

「暗黒女子」ビジュアル(上)、Charisma.com(下)。

「暗黒女子」ビジュアル(上)、Charisma.com(下)。

大きなサイズで見る(全7件)

秋吉理香子の小説を耶雲哉治が映画化した本作は、名門女子高のカリスマ美少女・白石いつみの謎の死を軸にしたミステリー。「いつみを殺した」と噂を立てられた同校の文学サークルの少女たちが、彼女の死をテーマに犯人を告発する物語をそれぞれ発表していく。清水、飯豊のほか清野菜名玉城ティナ小島梨里杏平祐奈も出演している。

主題歌に決定したのは、Charisma.comの新曲「#hashdark」。SNSでハッシュタグを付けて何かを発信することをテーマとしており、Charisma.comのいつかは「『偽り』『自慢』等々、見受けられます。それが人のしがらみを引き起こすんだよっていうことを歌ってます」とコメントした。また監督の耶雲は、今回の起用理由を「彼女たちの音楽は、言葉が面白くて毒があり、女性の本音みたいなところが歌詞で出ている。ポップでオシャレでかわいくて女性ユニット2人、この映画にピッタリと思いお願いしました」と明かしている。なお「#hashdark」は3月発売のCharisma.comのアルバムに収録される予定だ。

「暗黒女子」は4月1日に公開。

いつか(Charisma.com)コメント

この度Charisma.comの新曲「#hashdark」が映画「暗黒女子」の主題歌になりました。この曲は最近流行っているSNSでのハッシュタグを付けてものを伝えるということについて歌ったものなのですが、「偽り」「自慢」等々、見受けれらます。それが人のしがらみを引き起こすんだよっていうことを歌ってます。ぜひ聴いてください。そして「暗黒女子」観てください。

耶雲哉治 コメント

「暗黒女子」の毒と美しさというテーマを、主題歌として体現できるものを考えていて、カリスマドットコムさんがいいのではと考えました。彼女たちの音楽は、言葉が面白くて毒があり、女性の本音みたいなところが歌詞で出ている。ポップでオシャレでかわいくて女性ユニット2人、この映画にピッタリと思いお願いしました。「暗黒女子」は最後に大どんでん返しがあります。劇中の音楽はクラシック音楽満載ですが、観終わって主題歌の「#hashdark(ハッシュダーク)」が流れ、ポップに女性の本音を伝えていく。本編とは全く違う曲が流れてきます。ある意味、大どんでん返しであり、主題歌含めて一本の映画になったと思いました。犯人は一体誰なのか。美しい女子たちが、裏切ったりダマしたりして、皆さんの予測をブチ壊していきます。そういうぞっとするようなワクワクする映画となっています。是非、お友達、カップル、皆さんでこの世界に迷いこんで下さい。

この記事の画像・動画(全7件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2017「暗黒女子」製作委員会 (c)秋吉理香子/双葉社

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 暗黒女子 / Charisma.com / 清水富美加 / 飯豊まりえ / 清野菜名 / 玉城ティナ / 小島梨里杏 / 平祐奈 / 耶雲哉治 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。