映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ディズニー「モアナと伝説の海」監督来日、夏木マリと対面し「湯婆婆に会えて光栄」

60

「モアナと伝説の海」来日記念イベントにて、左からジョン・マスカー、ロン・クレメンツ、屋比久知奈、夏木マリ。

「モアナと伝説の海」来日記念イベントにて、左からジョン・マスカー、ロン・クレメンツ、屋比久知奈、夏木マリ。

ディズニー・アニメーション最新作「モアナと伝説の海」の来日記念イベントが本日2月9日、東京都内で行われ、監督のジョン・マスカーロン・クレメンツらが登壇した。

南太平洋で語り継がれる神秘的な伝説をもとにした本作は、16歳の少女モアナの壮大な冒険を描く物語。「リトル・マーメイド」「アラジン」でも魅力的なヒロインを生み出した2人だが、クレメンツは“海に愛される”という特別な力を持つモアナについて「非常に心に残るヒロイン。そして自分の強さを見出すことができる、この作品のヒーローでもあります」と語る。また本作は、日本のスタジオジブリ作品から影響を受けていると話すマスカー。「となりのトトロ」「天空の城ラピュタ」「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「ルパン三世/カリオストロの城」といったタイトルを列挙し、「宮崎駿さんは観客を引き込む作家。今回、自然との密接な関係の描き方や、強い女性の描き方で特に影響を受けたと思います」と打ち明けた。

イベントには日本語吹替版でモアナ役を務める屋比久知奈、タラおばあちゃん役を務める夏木マリも参加。本作が映画デビュー作となる屋比久は、オーディションに受かった際のことを「家族で泣いて喜びました」と振り返った。また「千と千尋の神隠し」で湯婆婆に声を当てた夏木と対面し、マスカーは「ユバーバにお越しいただけて光栄です」と前のめりで挨拶する。

この日、屋比久は本作の日本語吹替版主題歌「どこまでも~How Far I'll Go~」を初披露した。モアナの海に対する憧れや不安が詰まったナンバーを伸びやかに歌い上げ、屋比久は「私の精一杯の思いを乗せて歌えたかなと思います」とほっとした表情に。思わず涙ぐむ夏木は「普段(のイベント)はこんなにマスコミいないのよ!」と会場を見渡し、「そんな中で堂々と歌うなんて。まさにスター誕生です」と大絶賛。また第89回アカデミー賞にて本作が長編アニメーション賞と歌曲賞にノミネートされていることから、クレメンツは「オスカーに値するパフォーマンス!」と拍手を送った。

「モアナと伝説の海」は3月10日より全国ロードショー。

(c)2017 Disney. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー