映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「はらはらなのか。」劇中歌を吉田凜音が歌唱、おとぎ話・有馬和樹の書き下ろし曲

155

吉田凛音

吉田凛音

「いいにおいのする映画」の酒井麻衣が監督を務める「はらはらなのか。」の劇中歌を、本作のキャストである吉田凜音が歌っていることが明らかに。また、Vampilliaが手がけた「いいにおいのする映画」のサウンドトラック「いいにおいのするサウンドトラック」からも数曲が使用されていることがわかった。

本作は原菜乃華演じる女優志望の少女・ナノカが、亡き母の面影を追いながら人々との出会いを経て成長していくファンタジー。原と吉田のほか、松井玲奈粟島瑞丸チャラン・ポ・ランタンmicci the mistake上野優華水橋研二らが出演している。

劇中歌を書き下ろしたのはおとぎ話の有馬和樹。酒井は「ずっと一方的に憧れを抱いていたおとぎ話さんが、主人公のナノカが憧れる先輩・凛の曲にピッタリだと思っていて、お話を引き受けてくださった時は本当に嬉しかったです」「チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカンさん、おとぎ話さん、Vampilliaさんという私の大好きな、豪華過ぎるアーティストさん達の音楽で映画を作れて幸せでした。 ぜひ、耳も嬉しくなる映画『はらはらなのか。』観に来てください」とコメントを寄せた。

「はらはらなのか。」は、4月1日より東京・新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。

酒井麻衣 コメント

ずっと一方的に憧れを抱いていたおとぎ話さんが、主人公のナノカが憧れる先輩・凛の曲にピッタリだと思っていて、お話を引き受けてくださった時は本当に嬉しかったです。おとぎ話・有馬さんが、私のやりたい事を瞬時に「わかった、大丈夫」と理解してくださり、あっという間にヤミツキになる曲が生まれました。その曲が流れるシーンは、映画にとってとても大切なシーンです。皆さんにも大切に噛み締めながら聴いてほしいです。

Vampilliaさんの楽曲は私の前作「いいにおいのする映画」の「いいにおいのするサウンドトラック」から使わせて頂きました。今回の映画との相性も抜群です!!! 「いいにおいのする映画」を観てくださった方には「ここにこの曲が入ったか!」と楽しんでいただけると思います。

チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカンさん、おとぎ話さん、Vampilliaさんという私の大好きな、豪華過ぎるアーティストさん達の音楽で映画を作れて幸せでした。ぜひ、耳も嬉しくなる映画「はらはらなのか。」観に来てください。

(c)2017「はらはらなのか。」製作委員会

映画ナタリーをフォロー