神木隆之介、パリジェンヌの意味を勘違い?写真集お渡し会で天然エピソード披露

924

神木隆之介の写真集+DVDブック「Sincerite(サンセリテ)」のお渡しイベントが、本日1月22日に東京・HMV & BOOKS TOKYOにて開催された。

神木隆之介

神木隆之介

大きなサイズで見る(全27件)

神木隆之介

神木隆之介[拡大]

この日のイベントには、約2600人のファンが参加。囲み取材にて神木は、23歳というタイミングでこの写真集を発売した理由を「青年と大人の間なのかなと思って、この時期に出させていただきました」と話す。

本書では神木の“本当の姿”に迫ることをテーマに、本人が希望したフランスのパリやモン・サン・ミッシェル、スペインのバルセロナなどで撮影を行った。神木は「初パリでした!」と笑顔を見せるものの、「お土産買ってないんですよ。撮影で文房具屋さんに行ったんですけど、ちょうどお財布を持ってきていなかったのと、迷っていたら時間がなくなってしまって……。でも、自分のカメラでも景色をいっぱい撮っているので思い出に残せました」と振り返る。

また神木は、“パリジェンヌ”という言葉の意味を勘違いしていたそう。「現地でスタッフさんに『どうですか、パリは?』と聞かれたときに『いやあ、パリジェンヌですね』って答えたら、『はあ……』って言われて。全然意味が違ってました(笑)」と明かす。

神木隆之介

神木隆之介[拡大]

お気に入りのカットは、ノートルダム寺院で撮ったハトが肩に乗っている1枚とのこと。「ちょっと怖いのと、カメラ向けられてるからちゃんとしなきゃっていう葛藤の顔です(笑)。普段の取材ではちょっとカッコつけてる写真が多いんですけど、今回の『Sincerite』には真心、ありのまま、素直という意味が込められていて、こういう素の表情やボーっとしている写真も入っています。普段見せたことがない、力が抜けている表情を見ていただけるんじゃないかな」と説明する。さらに記者から「セクシーショットはありますか?」と聞かれると、「ないです、ないです(笑)。まだセクシーじゃないので」と照れながら答えた。

神木隆之介(奥)

神木隆之介(奥)[拡大]

さらに、子供の頃に想像した23歳の姿と現実を比べて、「全然違いますね。もっと大人だと思ってました。もっと背が高くて、スラッとしてて……(笑)。難しい言葉とかも使って、落ち着いている雰囲気が出てるのかなと思ってたんですけど、(子供の頃と)何も変わっていないなと思います」と語る。30歳になる6年後については「もうちょっと落ち着いてしゃべっていたいですね。全然想像つかないですけど……お芝居はやっていたいです!」と話した。

「Sincerite(サンセリテ)」より。

「Sincerite(サンセリテ)」より。[拡大]

2016年は、声優を務めた「君の名は。」が大ヒットを記録した。自身も大ファンである新海誠の話題になると、たちまちとびきりの笑顔に。「『IMAXでもう1回観に行くわ』っていう友達がいて、ありがたいですね。僕もはやくIMAXで観に行かなきゃと思うんですけど。あとDVDもちゃんと予約して買いますし、新海監督の次の作品も楽しみにしているので……やることがいっぱいですね!」と声を弾ませた。

※「Sincerite」のeはアクサンテギュ付きが正式表記
※記事初出時より写真集中面の画像を4点追加しました。

この記事の画像・動画(全27件)

関連記事

神木隆之介のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 君の名は。 / 神木隆之介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。