映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「劇場版 カードキャプターさくら」丹下桜が林原めぐみの存在感に言及

653

「劇場版 カードキャプターさくら」のリバイバル上映が本日1月21日に全国9劇場でスタート。それを記念し、東京・新宿ピカデリーにて初日舞台挨拶が行われ、キャストの丹下桜岩男潤子が登壇した。

1999年に公開された「劇場版 カードキャプターさくら」は、CLAMPのマンガを原作とするテレビアニメの劇場版第1作。香港を舞台に、魔法のカード“クロウカード”を使い事件を解決する木之本桜の活躍が描かれる。マッドハウスが制作し、テレビアニメ「ちはやふる」シリーズの浅香守生が監督を務めた。

司会から本作の劇場上映が17年半ぶりだと話を振られると、丹下と岩男は驚きの声を上げ、集まった観客に対し感謝の言葉を述べる。岩男は当時のアフレコを振り返りながら「木之本桜ちゃんと丹下桜ちゃんが、本当に重なるんです。一生懸命で、可憐で。隣でビデオを撮りたくなるくらい」と述懐。また丹下は、収録現場では会うことがなかったという謎の女魔導士役の林原めぐみについて、同作を鑑賞したときその存在感に圧倒されたことを明かした。

そして会場で改めてテレビアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」の制作決定がアナウンスされると、観客席からは大きな拍手が。過去のアニメシリーズと同じキャストとスタッフが集結することに関して丹下は「キャストもスタッフも、当時と同じ制作チームで作れることは奇跡。ありがたいです」と感無量の様子だった。

イベントでは、4月1日に東京・ルネこだいら大ホールにて「さくらフェス2017 ~カードキャプターさくらお誕生日会~」が行われることも発表。丹下と岩男のほか久川綾、くまいもとこ、緒方恵美が出席する。現在イープラスにて抽選申し込みを受付中だ。

(c)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社 (c)CLAMP・ST・講談社/NHK・NEP (c)CLAMP・ST・講談社/バンダイビジュアル・マッドハウス

映画ナタリーをフォロー