映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジブリ美術館来場者が1000万人突破、「毛虫のボロ」は年内の披露予定

804

三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ」の様子。 (c)Museo d'Arte Ghibli (c)Studio Ghibli

三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ」の様子。 (c)Museo d'Arte Ghibli (c)Studio Ghibli

本日1月14日、東京・三鷹の森ジブリ美術館の来場者が1000万人を突破し、セレモニーが行われた。

2001年10月1日に開館したジブリ美術館は、入場者数に定員を設けた完全予約制で運営されており、16年目で来場者が1000万人に達した。1000万人目は、大阪府から来た永田さん一家。永田晃生さんは「来たのは初めて。企画展示にある“大人も乗れるネコバス”を楽しみにしてきました」と語り、ジブリ美術館館長・中島清文と三鷹市長・清原慶子から記念品と花束を受け取った。

中島は「これからも生き生きとした美術館にしたいです。応援よろしくお願いいたします」と感謝の意を述べ、「どうもありがとう。うれしいです」という宮崎駿のコメントも発表。宮崎が同館の展示用に現在制作している短編アニメーション「毛虫のボロ」についても中島は「今年中にどこかでお披露目できればと思います。今は2階ギャラリーで一部展示として観られます」と語った。

猫バスにのって ジブリの森へ

展示中~2017年5月(予定)東京都 三鷹の森ジブリ美術館

映画ナタリーをフォロー