映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

浪川大輔「ありがたいお言葉」、“ルパン三世”栗田貫一の称賛に感無量

150

左から浄園祐、浪川大輔、栗田貫一、小池健。

左から浄園祐、浪川大輔、栗田貫一、小池健。

劇場アニメーション「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」の最速プレミア先行上映会が、東京・新宿バルト9にて12月19日に開催され、ルパン三世役の栗田貫一、石川五ェ門役の浪川大輔、監督の小池健、プロデューサーの浄園祐が登壇した。

「LUPIN THE IIIRD」シリーズ第2弾となる本作は、若き日の石川五ェ門を描く物語。栗田から「浪川大輔が石川五ェ門になったと確信した。刀ってこんなに恐ろしいんだ!と、ゾッと体が冷える。そういう作品です」と評価されると、浪川は「感無量です! ありがたいお言葉をいただきました」と感謝しきり。「途中からシリーズに参加させていただき、今でも悩むことがありますが、栗田さんにそう言っていただけて光栄です」と噛み締めるように語った。

アフレコの話題では、小池のこだわりの強さについて浪川が言及する。「13時間くらい収録してみて『なんてOKを出さない監督なんだ!』と心の中で何度思ったか(笑)。セリフによっては10テイク以上やり直したり」と振り返り、これに対して小池が「(今回の話は)剣術のレベルがもともと高い五ェ門が、さらにグレードを上げるというもの。達成感のほかに、強い者しか味わえないような感情を、どういうふうに表現するかっていう部分を探り探りやっていきました」と解説。「その中で浪川さんが今まで見たことのない五ェ門を演じてくださったので、僕はとても満足しています」と続け、作品への自信をのぞかせる。

また栗田は「(ルパン三世の声優で知られる)山田康雄さんにはならないでくれ」と小池から指示されたことを告白。「ルパン三世」シリーズ本編と比べて「LUPIN THE IIIRD」シリーズではよりハードボイルドに描かれるにあたり、栗田は「『もっと悪くていい、悪くしてくれ』と言われたんですが、僕はもともといい人間だから……」とジョークを飛ばしながらも、「小池さんにそう言っていただいてすごく楽になりました」と、自身の“ルパン三世”を演じられたことを喜んだ。

「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」は、2月4日より東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

原作:モンキー・パンチ (c)TMS

映画ナタリーをフォロー