映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「銭形警部」鈴木亮平、ルパン声優・栗田貫一の賞賛に歓喜「お墨付きもらえた!」

322

オリジナルドラマ「銭形警部」の完成披露試写会にて、左から栗田貫一、前田敦子、鈴木亮平、三浦貴大。

オリジナルドラマ「銭形警部」の完成披露試写会にて、左から栗田貫一、前田敦子、鈴木亮平、三浦貴大。

ドラマ「銭形警部」の完成披露試写会が本日1月25日、東京・NEW PIER HALLにて開催され、キャストの鈴木亮平前田敦子三浦貴大が舞台挨拶に出席した。

「銭形警部」は、モンキー・パンチのマンガ「ルパン三世」に登場する刑事・銭形幸一を主人公に据えた刑事ドラマ。日本テレビで基軸となるストーリーが放送されたあと、WOWOW、Huluでそれぞれ独自の物語が展開されていく。「ルパン三世」誕生50周年を記念し、会場にはトレンチコートとハットを身に着けて銭形に扮した50名のエキストラが登場。その後、銭形役の鈴木らキャストがパトカーに乗って登場するという寸劇でイベントの幕開けを盛り上げた。

本作のオファーを快諾したという鈴木は「クランクイン間近になってくると『あの銭形だよね? 俺がやるんだよな?』と、だんだん怖くなってきました。『しまったー』と思いましたね」と本音を打ち明ける。しかし共演陣は鈴木の銭形役にすっかり安心していたようで、前田は「警察役は初めてだったんですけど、鈴木さんに乗っからせてもらいました」とコメント。また三浦が「今回初めてお会いしたのですが、鈴木さんだったら大丈夫かと思って、僕も丸投げしてました」と言い放つと、鈴木は「俺が(オファーを)受けたときとの責任感のギャップがすごい!」とすかさずツッコミを入れる。

銭形の役作りについては「あまりにもアクが強いキャラクターで、役者に残された自由度が少ないんです」と鈴木。「観た瞬間に『あ! 銭形!』と思ってもらうためには声だなと思った」と話し、アニメ版の初代銭形役・納谷悟朗や現在3代目として演じている山寺宏一の名を挙げて“声作り”の奮闘を振り返る。そして「(アニメ版では)常にテンションが高いけれど、今回は普通の状態の銭形さんを編み出さなければならなかった。それが楽しくもあり、難しかったところ」と述懐。前田は「声が枯れても、それを『ちょうどいい』と喜んでました」と現場での鈴木の言動を明かし、観客を感心させた。

舞台挨拶にはサプライズゲストとして、アニメ版のルパン役と本作のナレーションを担当する栗田貫一も登壇。鈴木は「どうしてもルパンに無断でやっているという気持ちが拭えなくて。ずっと後ろめたかったけど、やっと本物のルパンのお墨付きをもらえた!」と喜びを隠しきれない。栗田は「もう鈴木亮平に驚きました。あの声でどこまでがんばれるのかと思ったら、今日の小芝居からがんばってましたね(笑)」と述べ、「山寺宏一よりいいですよ」と冗談めかしながら賞賛した。

金曜ロードSHOW! 銭形警部

日本テレビ系 2017年2月10日(金)21:00~

連続ドラマW「銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」

WOWOWプライム 2017年2月19日(日)スタート 毎週日曜 22:00~
※全4話

銭形警部 真紅の捜査ファイル

Hulu 2017年2月10日(金)
※日本テレビ系スペシャルドラマ放送終了後に配信
※全4話

映画ナタリーをフォロー