映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

村上淳&虹郎らの事務所ディケイドによる自主映画「Amy said」2017年秋に公開

428

「Amy said」ビジュアル (c)2017「Amy said」製作委員会

「Amy said」ビジュアル (c)2017「Amy said」製作委員会

村上淳渋川清彦村上虹郎らの所属事務所ディケイドが、設立25周年を記念して自主制作した映画のタイトルが「Amy said」に正式決定。2017年秋に東京・テアトル新宿ほかで全国公開されるとわかった。

本作は、大学時代に映画研究会に所属していた40代の男女8人が20年ぶりに再会し、熱い思いをぶつけ合う一夜を描く青春群像劇。三浦誠己が主演し、村上淳、渋川、村上虹郎のほか中村優子山本浩司渡辺真起子らが出演している。「MASK DE 41」の村本大志が監督を務めた。

なお本作の主題歌には、劇中に本人役で出演もしている大橋トリオが書き下ろした「Amy said」が使用されている。このたび三浦、大橋、村本よりコメントが到着。三浦は「『友と、しばらく2人で黙っているといい。その沈黙に耐えられる関係かどうか?』そんな誰かの言葉を考えたりしながら、演じました」と、大橋は「今回ワンシーンですが俳優にも挑戦しております。おそらく二度と演技はしないと思いますけど、音楽と映画は切っても切れない関係ですし、これからも良い作品に僕の楽曲を提供ができると願ってます」と話している。

三浦誠己 コメント

「友と、しばらく2人で黙っているといい。その沈黙に耐えられる関係かどうか?」そんな誰かの言葉を考えたりしながら、演じました。友と一緒に是非、劇場にお越し下さい。

大橋トリオ コメント

来年2017年は、大橋トリオとして10周年。そして、事務所設立25周年。その記念イヤーに、映画 が製作され、そのテーマ曲を担当させて頂きました。僕が大橋トリオとしてスタートしたきっかけも映画でした。今回ワンシーンですが俳優にも挑戦しております。おそらく二度と演技はしないと思いますけど、音楽と映画は切っても切れない関係ですし、これからも良い作品に僕の楽曲を提供ができると願ってます。

村本大志 コメント

この映画の中で役者たちが奏でるアンサンブルとメロディーをどうぞご覧ください。映画を作っている間ずっと、大学時代の友だちのことを考えていました。みんな元気だろうか? 会ったら、すぐ分かるかな。分かるといいなと思います。あなたの昔の友だちに会うような気分で劇場にお越しください。来秋皆さんとお会いできること、楽しみにしています。

映画ナタリーをフォロー