映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

福士蒼汰、小松菜奈は初デートでどこに行く?「ぼく明日」イベントで言及

1030

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」完成披露舞台挨拶の様子。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」完成披露舞台挨拶の様子。

本日11月23日、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の完成披露舞台挨拶が東京・イイノホールにて行われ、キャストの福士蒼汰小松菜奈東出昌大山田裕貴、監督の三木孝浩が登壇した。

七月隆文の同名小説をもとにした本作は、京都の美大に通う学生・南山高寿と、ある秘密を抱えた女性・福寿愛美の恋を描く物語。高寿を福士、愛美を小松が演じている。

福士は「撮影は今年の1月だったのでとても寒かったのですが、作品はすごく温かいものに仕上がりました」と集まったファンに報告する。撮影現場の様子について、福士が「監督がいつもニコニコしていて本当に明るかったです」と振り返ると、小松は「(三木が)怒ってるところを見たことないです。いろいろなことを相談できる空気感があって素敵でした」としみじみ。三木は「ラブストーリーを撮るのに、現場で『早くしろよ!』とか言ってたら嫌でしょ?」と笑みを浮かべた。

本作を観た感想を東出は「全編京都で撮影したので、本当に京都に行きたくなって。こんな学生生活夢だなって思いながら、胸をキュンキュンさせてました」と吐露。山田は「2人(福士と小松)がすごくナチュラルで、とてもいい雰囲気だと思いました。僕が言えることじゃないですけど、三木さんの素晴らしいところがたくさん詰め込まれています」と力強く語る。

劇中の“胸キュンシーン”を聞かれた福士は「名前を呼び合うシーンですね。ちょっとドキッとしました」と回答。小松は「名前を呼び合うのは照れますよね」と同意したあと、「やってみてください」と観客に呼びかける。山田が「小松菜奈ちゃんが本当に可愛いです。特に髪をくくるシーンはたまらないですね。僕の趣味になりますが」と笑いながら述べると、三木は「俺の趣味でもあるから大丈夫。ちょっとスローモーションにしたり、光の具合を気にしたりね」と明かし、会場の笑いを誘った。

ここで、MCからキャスト陣に「初デートではどこに行きますか?」と質問が飛ぶ。福士は映画、東出は釣り、山田は深海魚のいる水族館とそれぞれのプランを明かす。3つの中でどれが好みか問われた小松は「釣りは何時間も待たないとだし、深海魚もちょっと……映画かな」と述べつつ、「でも公園をフラフラするくらいがいいですね」と無邪気に語った。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、12月17日より全国でロードショー。

(c)2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

映画ナタリーをフォロー