映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

小栗旬と妻夫木聡の前で野村周平がいい子ぶりっこ!?「ミュージアム」初日舞台挨拶

841

「ミュージアム」初日舞台挨拶の様子。左から大友啓史、尾野真千子、小栗旬、妻夫木聡、野村周平。

「ミュージアム」初日舞台挨拶の様子。左から大友啓史、尾野真千子、小栗旬、妻夫木聡、野村周平。

ミュージアム」の初日舞台挨拶が本日11月12日、東京・新宿ピカデリーにて行われ、キャストの小栗旬妻夫木聡尾野真千子野村周平、監督の大友啓史が登壇した。

巴亮介の同名マンガを原作にした本作は、雨の日にマスクを被って犯行を行う“殺人アーティスト・カエル男”の連続猟奇殺人を描くサイコスリラー。小栗がカエル男の捜査を担当する刑事・沢村久志、妻夫木が沢村を絶望的な状況に追い込むカエル男を演じる。

小栗は「何事もなく初日を迎えられてよかった。(沢村は)今までやってきた中でもチャレンジさせてもらったキャラクター」と思いを述べる。「『小栗くんとならやる』と言って引き受けた」と本作について説明した大友は「クライマックスのシーンはなかなか巡り会えないような強度のある芝居で、ハアハア言いながら興奮して撮った」と撮影を振り返る。

MCから印象に残ったシーンを聞かれた妻夫木は「僕(カエル男)の家で逃げたり、追いかけたりするシーンですね。マスクを被っていて前が全然見えなかったんです。それでカメラに突っ込んでって、お尻を強打しちゃったんです」とコメント。続けて「そしたらみんなが笑ってて、この人たちなんかの刑にしてやろうかなと思った」とカエル男の処刑方法にかけた返答をして笑う。同じ質問に対して尾野は「クリアボックスに入れられるシーン」と答え、大友を指差し「このドSが、そのシーンを何度もやらせるんですよ。私も何かの刑にしてやろうと思った」とコメントする。

「僕は楽しかった」と話し始めた野村は「文句なんて一切出てこない。監督には感謝しかない。みんな『刑にしてやろう』とか言っているけど、そんなこと到底言えない」といい子ぶって、登壇者と観客の笑いを誘う。撮影の様子について聞かれた小栗は「新潟で撮影していたので、ごはんがおいしかった。妻夫木くんが連れて行ってくれたお寿司屋さんがよかった」とほのぼのするエピソードを語った。

イベントでは、作品の内容にかけ観客に刑を執行。「キャストと握手できるの刑」を執行されることになった女性の観客が、誰のファンかと聞かれ「小栗……野村周平さん」と答えると、小栗は「気遣ってくれたんだね。逆に傷ついたよ」と笑顔で返した。

最後の挨拶を振られた小栗が「渾身の一作ができあがったと思っています。多くの方に作品を観ていただきたいですし、愛していただける作品になったら」と述べ、イベントに幕を引いた。

(c)巴亮介/講談社 (c)2016映画「ミュージアム」製作委員会

映画ナタリーをフォロー