映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「オオカミ少女と黒王子」山崎賢人はドN!?真の黒王子は吉沢亮に決定

1654

「オオカミ少女と黒王子」初日舞台挨拶

「オオカミ少女と黒王子」初日舞台挨拶

本日5月28日、「オオカミ少女と黒王子」の初日舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて行われ、二階堂ふみ山崎賢人鈴木伸之門脇麦池田エライザ玉城ティナ吉沢亮菜々緒と監督の廣木隆一が登壇した。

本作は、二階堂演じる見栄っ張りの女子高生・篠原エリカと、山崎扮するドSな“黒王子”佐田恭也の嘘から始まる恋を描いた学園ラブコメディ。

女子高生役を演じたことについて、二階堂は「久しぶりの制服だったし、こういうキラキラした作品に出るのも初めてだったのでうれしかったです」とコメント。劇中での佐田のドS攻撃について聞かれると「山崎さんは、普段はドSじゃないんですよ」と答える。山崎も「ないっす」と一言。さらに好きなドSシーンを求められても「そ、そうですねえ……全部好きです」とモジモジ。劇中のキャラとはまったく正反対の一面を見せた。チャラいキャラの神谷を演じた鈴木は「非現実的な役でしたが、ここぞとばかりに胸の内に押し殺しているキャラを出しました。男の願望として……」と語り、会場を盛り上げる。エリカの親友役の門脇は「ずっとふみちゃんの近くにいたので、お仕事というか2人でおしゃべりしたり遊んだりしてる感じで楽しんでいました」とコメントした。

本編にはドS王子、チャラ王子、メガネ王子とも言えるキャラクターが登場。お付き合いするとしたらと聞かれた池田と玉城はともに「メガネ王子がいいです!」と、吉沢が演じた日下部押しの声が上がる。山崎と鈴木が演じた2人については「面倒くさい」と一蹴。すると山崎と鈴木は「いいとこもあるんですけどねえ」と苦笑いを見せた。劇中で強烈なビンタを張るシーンを演じた菜々緒は「お芝居でビンタするのは初めてだったんです」と振り返ると、司会者から「お芝居では?」とのツッコミが。慌てて「ミスした! お芝居でもです」と発言を訂正。ビンタされた山崎が「お芝居でビンタされたのは初めてだったんですけど、菜々緒さんが初めての人でよかったです。菜々緒さんのビンタは貴重ですから」と語り、続けて「そう、ドNです。ノーマルです」と笑顔で告白。観客からは大きな笑い声が沸き起こった。

ここで“最強の黒王子、黒王女を決めましょう”との企画のもと、登壇者のドSエピソードが明かされる。吉沢は「よく人の話をシカトします」と告白。続けて、玉城は愛犬との遊びの中での一コマ、池田は兄弟の告白への助言、内弁慶という門脇は家族に対してのドSぶりをそれぞれ披露した。どんよりと重い空気に包まれる会場。ここで鈴木から「アイスクリームの当たり棒だけを持ってコンビニへ引き換えに行く」というドSとはまったく関係ないエピソードが飛び出す。山崎からも「友人との待ち合わせにわざと遅れて相手の表情を見る」という話が……。すると「私がまとめます!」と二階堂。自身に対してのストイックぶりについて触れ「スポーツとかやると、限界を超えたくなるんです。やると決めたら徹底的にやってしまうんですよ」と話をきれいに締め、廣木が登壇者の中から吉沢を黒王子に認定した。

最後に二階堂は「ようやくこの日が来た、この日が来てしまったという気持ち。皆さんの温かい空気と顔を見ることができてうれしかった。この映画がいい方向へ進むよう、皆さんの力を貸してください」と語る。山崎は「キラキラした青春と、素直に人を好きになって心がワクワクする気持ちを感じてもらいたいです」とメッセージを残し、初日舞台挨拶は終了した。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)八田鮎子/集英社 (c)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

映画ナタリーをフォロー