映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

命懸けでスター歌手の座掴んだパレスチナ少年の実話「歌声にのった少年」9月公開

141

「歌声にのった少年」 (c)2015 Idol Film Production Ltd/MBC FZ LLC /KeyFilm/September Film

「歌声にのった少年」 (c)2015 Idol Film Production Ltd/MBC FZ LLC /KeyFilm/September Film

「パラダイス・ナウ」で第63回ゴールデングローブ賞外国語映画賞を獲得したパレスチナ人監督、ハニ・アブ・アサドが監督と脚本を担当した「The Idol(英題)」が、「歌声にのった少年」の邦題で9月24日に公開決定した。

本作では、紛争が絶えず続くパレスチナ・ガザ地区に暮らす少年ムハンマドが、亡き姉との約束を果たすため歌手を目指す姿が描かれる。主人公のモデルとなったのは、命懸けで分離壁を越えてエジプトのオーディション番組「アラブ・アイドル」に出場し、スターの座を掴んだムハンマド・アッサーフ。現在も歌手活動を続けながら国連パレスチナ難民救済事業機関青年大使を務める彼の生き方に感銘を受けたアブ・アサドが、「美しく感動的な物語が作りたい」と映画化を決意した。

「歌声にのった少年」は東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次ロードショー。

映画ナタリーをフォロー