映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

内田理央、「Bros.マックスマン」竜星涼の変身シーンは「素晴らしい発声方法!」

88

左から鬼越トマホークの坂井良多と金野博和、なだぎ武、竜星涼、内田理央、ケンドーコバヤシ、マックスマン、増田哲英。

左から鬼越トマホークの坂井良多と金野博和、なだぎ武、竜星涼、内田理央、ケンドーコバヤシ、マックスマン、増田哲英。

現在開催中の第8回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」にて、「Bros.マックスマン」が本日4月23日に沖縄・桜坂劇場で上映され、竜星涼内田理央鬼越トマホークの坂井良多と金野博和、なだぎ武ケンドーコバヤシ、監督の増田哲英が舞台挨拶に登壇した。

勉強も運動も苦手な頼りないアナウンサーが謎の力でマックスマンに変身して活躍する「Mr.マックスマン」の数年後を描く本作。千葉雄大が演じた初代マックスマン・谷口正義の弟で、彼と同じテレビ局で働く新人AD・英雄がブラザーマックスマンに変身し、正義のために戦う姿を追う。特撮ドラマ「獣電戦隊キョウリュウジャー」のキョウリュウレッド役で知られる、英雄役の竜星は「日本が誇るヒーローを新たに確立できたんじゃないかなと思っています」と胸を張った。

英雄が思いを寄せるアナウンサー・五十嵐梨奈役を続投した内田は、今作ではヒロインという役どころのため「昇格できたのでうれしいです!」と喜びを伝える。また「ヒロインはヒーローの背中を押す役。その愛のパワーで(英雄が)変身していたので面白かったです」と見どころを紹介。さらに「私は変身シーンの撮影現場にいなかったので、あとから確認したんですけど、びっくりしました。思った以上に(竜星が)声を張っていて!」と続け、なだぎから「何を言うてんねん!?」とツッコまれるも、「素晴らしい発声方法でした!」とマイペースに感想を語った。

※記事初出時、人名に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

映画ナタリーをフォロー