映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

生田斗真主演「秘密」に吉川晃司が出演、28人殺しの凶悪犯・貝沼役

1052

生田斗真主演「秘密 THE TOP SECRET」の追加キャストが発表され、物語の鍵を握る男・貝沼清孝役で吉川晃司が出演することがわかった。

清水玲子のマンガを「るろうに剣心」シリーズの大友啓史が実写化した本作は、“第九”こと科学警察研究所法医第九研究室のメンバーたちが、死者の脳から過去の記憶を映像化できるMRIスキャナを駆使して犯罪捜査を行うミステリー。頭脳明晰な第九の室長・薪剛役を生田が務めるほか、岡田将生、栗山千明、大森南朋、松坂桃李、リリー・フランキーらが集結した。

吉川が演じる貝沼は、第九と対峙することになる28人殺しの凶悪犯。第九が封印したとある事件の関係者であり、過去の出来事が原因でトラウマを抱える薪との因縁の対決も描かれる。大友は吉川のキャスティングについて、「この映画の世界観を決定付けるそんな存在を求めて、『るろうに剣心』でもご一緒した吉川さんに辿りつきました。人の魂を鷲掴みにし、揺さぶり、その人の人生を大きく変えてしまう貝沼という男を吉川晃司がどのように演じたのか。この映画の、間違いなく大きな見所の一つです」と期待をあおっている。

「秘密 THE TOP SECRET」は8月6日より全国ロードショー。

大友啓史 コメント

唯一無二の存在。それが吉川晃司を語る、それこそ唯一無二の表現であるように思います。原作の貝沼像以上に、作品の通奏低音を作り出す。この映画の世界観を決定付けるそんな存在を求めて、「るろうに剣心」でもご一緒した吉川さんに辿りつきました。人の魂を鷲掴みにし、揺さぶり、その人の人生を大きく変えてしまう貝沼という男を吉川晃司がどのように演じたのか。この映画の、間違いなく大きな見所の一つです。どうぞご期待ください。

映画ナタリーをフォロー