映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

藤岡弘、がバイクで疾走!「仮面ライダーを未来永劫引き継いでほしい」

1142

ネオサイクロン号に乗って登場した藤岡弘、。

ネオサイクロン号に乗って登場した藤岡弘、。

本日4月3日、仮面ライダー生誕45周年記念&「仮面ライダー1号」大ヒット御礼イベントがT・ジョイPRINCE品川にて開催され、主演の藤岡弘、西銘駿山本涼介が登壇した。

3月26日に公開された「仮面ライダー1号」は、藤岡が仮面ライダー1号 / 本郷猛役として44年ぶりに映画主演を果たす作品。本日4月3日は、1971年にシリーズ第1弾「仮面ライダー」のテレビ放送がスタートした日にあたる。まず劇場前に敷かれたレッドカーペットに、西銘と山本が登場。西銘は集まった観客の前で「仮面ライダー45周年という記念すべきイベントに参加することができて光栄です!」と挨拶する。

ここで、藤岡が劇中で演じる本郷猛の愛車・ネオサイクロン号に乗って登場。大歓声の中劇場前の坂約50mを駆け上がり、2人の前でバイクから降りて固い握手を交わした。「今日は、45年前に本郷猛の戦いが始まった日でございます。45年戦い続けて再び登場したと考えると、感慨深いものがあります」と話す藤岡。バイクを乗りこなしたその姿について、西銘と山本は口をそろえて「かっこいいです!」と目を輝かす。西銘は「初代サイクロン号も見たことがあるんですけど、ネオサイクロン号は進化しているのでシンプルにカッコいいです」と、山本は「車並みのパワーを持っているって聞きました。迫力がすごいです!」とコメント。藤岡は映画の撮影でこのネオサイクロン号に乗ったときのことを、「バイクにまたがってスイッチを入れてキーを回した途端、『ブオン』というエンジンの音を聞くと同時に体中の血が騒ぎ始めるというか。ライダー魂に火が点いて、戦闘モードがオンになった」と熱く語った。

司会からの「“45年”という年月をどう感じるか?」という質問に、西銘は「僕はまだ18歳で、僕のお父さんもまだ40歳になっていないので、本当に長いなって思います」と回答。山本は「45年間でいろいろなライダーが出てきましたが、1つひとつ新鮮さがあって、キャラクターも全然違う。僕たちは主人公が初回で死んだりしていますし(笑)。ネタが尽きることなく作っている製作側もすごいと思います」と述べる。

そして、「もし45年前の今日に行けるならば、当時の自分にどんな言葉をかけたいか?」と聞かれた藤岡は、「ふっふっふ」と目を細めて笑う。続けて「『おい、俺はまだ戦い続けているんだぞ! 45年、生きて生きて生き抜くために挑戦し続けている。今もその姿勢は変わっていないんだぞ!』と言いたいですね」と力を込めて話した。

最後に藤岡が「全ライダーを背負った魂を、誇りを持って未来永劫まで引き継いでいただきたい!」と願いを込めて観客に挨拶し、野外イベントを締めくくった。

なお映画ナタリーでは、この後に行われた同イベントの舞台挨拶の様子もレポートする。

※舞台挨拶の記事はこちら
「仮面ライダー1号」西銘駿、両親から説教され「もっと藤岡弘、さんに近付きたい」

映画ナタリーをフォロー