映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ロシア発の終末コメディを日本初上映、ユーロビートに乗せて世界の終わりを描く

200

「Bite the Dust / バイツァ・ダスト」

「Bite the Dust / バイツァ・ダスト」

“世界の終末”をテーマとしたロシア生まれのコメディ「Bite the Dust / バイツァ・ダスト」のプレミア上映会が、東京・UPLINKにて4月18日に開催される。

今回が日本初上映となる本作は、ロシアの小さな農村を舞台とした物語。地球最後の日に向けてパーティを開く村人たちの姿が、ユニークなユーロビートに乗せて軽快に描かれる。1989年に生まれ、セルゲイ・パラジャーノフ、アレクサンドル・ソクーロフ、アンドレイ・タルコフスキーらを輩出した全ロシア映画大学出身の女性監督タイシャ・イグメンツェバがメガホンを取り、2013年に本作で長編作品デビューを果たした。

当日は東京外国語大学の教授を招いたトークショー付きの回もあり、各回開場の1時間前より受付開始。詳細はUPLINK公式サイトで確認しよう。

「Bite the Dust / バイツァ・ダスト」プレミア上映会

2016年4月18日(月)東京・UPLINK

1回目

開場 17:40 / 開映 17:50
上映後トークショー
<ゲスト>東京外国語大学教授・沼野恭子

2回目

開場 19:50 / 開映 20:00

料金:1000円 ※ドリンク代別途500円

映画ナタリーをフォロー