映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北川景子、「の・ようなもの のようなもの」舞台挨拶で恩師・森田芳光を思い涙

156

「の・ようなもの のようなもの」公開初日舞台挨拶の様子。左から野村宏伸、伊藤克信、松山ケンイチ、北川景子、尾藤イサオ、杉山泰一。

「の・ようなもの のようなもの」公開初日舞台挨拶の様子。左から野村宏伸、伊藤克信、松山ケンイチ、北川景子、尾藤イサオ、杉山泰一。

本日1月16日、「の・ようなもの のようなもの」の公開初日舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて行われ、キャストの松山ケンイチ北川景子伊藤克信尾藤イサオ野村宏伸、監督の杉山泰一が登壇した。

「の・ようなもの のようなもの」は、2011年に逝去した森田芳光の監督作「の・ようなもの」の35年後を描く物語。主人公の落語家・出船亭志ん田を松山、志ん田が密かに思いを寄せる夕美を北川が演じている。

過去に森田の「椿三十郎」「サウスバウンド」「僕達急行 A列車で行こう」に出演した松山は、志ん田の役作りについて「『僕達急行』で演じた小町というキャラクターがベースになっているので、(演じる上で)あまり新しいことはしてないんです」と説明。「森田監督ってウケを狙ったりコメディをコメディらしくすることが好きじゃない方で。『人間ってそのまま生きてるだけでも面白いんだよ』って常におっしゃってたので、僕はその人間(志ん田)の持ってる癖のようなものを意識して演じました」と述べる。一方北川は、「『間宮兄弟』に出演したときに、『考えるのではなく感じたままに自由に北川がやれば、それがいい演技になるんだよ』と森田監督に言っていただけたので、(今回も)自然に感じたままに演じようと思いました」と語った。

松山が伊藤との共演について、「この人は(栃木の)方言で好き勝手しゃべってるけど、『こっちは標準語でがんばってしゃべってんだぞ』ってふうに思ってました」と語ると、伊藤は「でも35年経ってね、だいぶ標準語になってきたよ」となまりながらコメント。これに青森出身の松山が「どこが!」となまりながらツッコみ、笑いを誘った。

イベント終盤では、森田の妻であり本作のプロデューサーでもある三沢和子からの手紙をMCが代読。1月11日にDAIGOと入籍した北川への祝福の言葉が読み上げられると、会場からも「おめでとう!」という声が飛ぶ。手紙の中で三沢に「人生にはいろいろありますが、理解し合った伴侶とともになら、どんなことも乗り越えられますよ。とても頼りになりそうな旦那さまのお力をいただいて、ますます素敵な女優さんになってください。では、D・I・O。どうぞ、いつまでも、お幸せに」とメッセージを贈られた北川がはにかむ場面も。

松山は「森田監督ともっともっと一緒にやって、『ここはこうしたほうがいいんじゃないか』と意見して揉めたりもしたかったんですよ。でも森田さんの人間を見る視点のレベルが高すぎて、ついていくのが精一杯でした。まだまだチャンスはあるだろうしいつかは同じレベルの場所に立ってぶつかりたいと思ってたんですけど、亡くなられてしまって。今回は杉山監督のもとで演技をしましたけど、どこかから森田監督に見られてるという感覚はずっとありました。『の・ようなもの』の続編なんか作っちゃってと笑ってるかもしれないけど、映画の感想を(森田に)聞きたかったですね」と、感慨深げにコメント。北川は「三沢さんが手紙の中でおっしゃっていたように、この様子をきっと森田監督もどこかで観てくださっていると思っていたので、客席がいっぱいであってほしかったんです。だから、こんなに(客席が)いっぱいで……ほんとにありがとうございます。うれしいです。森田さんのことを、忘れてもらいたくないなって」と感極まり、涙を浮かべた。

最後に松山は、「緊張するような映画ではないので、疲れた人を連れてまた劇場に足を運んでもらえたら」と来場者にアピール。「あと、内海桂子師匠が出演しているシーンは僕らの演技って観てもらえてないと思うんですよ。全部持っていかれて。なので、今度は内海桂子師匠を観ないようにするという観方を試してもらえたら」と述べ、会場を温かな笑い声で包んだ。

映画ナタリーをフォロー