映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松山ケンイチ、「の・ようなもの のようなもの」銭湯寄席を「貴重な経験」と回想

33

「の・ようなもの のようなもの」トークイベントの様子。左から伊藤克信、内海桂子、松山ケンイチ、三遊亭小遊三、杉山泰一。

「の・ようなもの のようなもの」トークイベントの様子。左から伊藤克信、内海桂子、松山ケンイチ、三遊亭小遊三、杉山泰一。

本日1月6日、「の・ようなもの のようなもの」のトークイベントが東京・有馬湯にて行われ、キャストの松山ケンイチ伊藤克信、監督の杉山泰一、スペシャルゲストの三遊亭小遊三らが登壇した。

「の・ようなもの のようなもの」は、2011年に逝去した森田芳光が1981年に監督した「の・ようなもの」の35年後を描く物語。主人公の落語家・出船亭志ん田を松山、志ん田の兄弟子で、「の・ようなもの」の主人公である志ん魚を伊藤が演じている。

イベントは有馬湯の浴場で実施され、MCを務める古今亭志ん丸の紹介により、まず松山、伊藤、杉山、小遊三が登場した。キャスト、監督の挨拶に続き、小遊三が「通りがかりの者でございます」と発して笑わせる。

劇中の“銭湯寄席”のシーンでも使用されている有馬湯に戻ってきた感想を聞かれた松山は、「撮影は一昨年ですからね。ものすごく懐かしいです。今でも、自分が(落語演目の)『初天神』をやらせていただけたことが信じられません。ここにお客さんを入れて、最初から最後までやらせていただいたんですよ。貴重な経験だったので、今でもはっきりと覚えてますね」としみじみと語る。

銭湯で撮影を行った理由を問われた杉山は「下町の話なので銭湯がいいかなと思ったんです」と説明。志ん丸から「師匠もいろんなところで落語をおやりになられましたよね」と振られた小遊三は、「炎天下とかね」とまず答えて笑わせ、「立ってやらされたこともあります。座るところがなくて、舞台もビールのケース。通りがかりの人を集めてね。で、『やってください』と言われて」と秘話を明かす。

ここで、「の・ようなもの」「の・ようなもの のようなもの」に出演している内海桂子が登場。内海は松山の落語について「こういういい男はね、難しいのよ。(落語をやっても)笑えないでしょ?」と話し、小遊三のほうを見て「あっちは笑えるけどね」と冗談を飛ばした。

最後は小遊三が映画の大ヒットを祈願した熊手を松山にプレゼントし、「この熊手でお客さんをかき集めて、お金をかき集めて。そうすると落語のほうにもお客さんが来てくれますので、大成功をお祈りしています」とコメント。松山も「映画もヒットしてもらいたいんですけど、小遊三さんがおっしゃったように、この映画がきっかけで落語の世界に足を運んでいただけたら」と述べ、イベントを締めた。

「の・ようなもの のようなもの」は、1月16日より東京・新宿ピカデリーほかで全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー