映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「009VSデビルマン」舞台挨拶に永井豪が登場、昔の苦労思い出しデビルマン応援

55

「サイボーグ009VSデビルマン」舞台挨拶の様子。左から日野聡、浅沼晋太郎、永井豪、福山潤、M・A・O、監督の川越淳。

「サイボーグ009VSデビルマン」舞台挨拶の様子。左から日野聡、浅沼晋太郎、永井豪、福山潤、M・A・O、監督の川越淳。

10月24日、「サイボーグ009VSデビルマン」の舞台挨拶が東京・新宿バルト9にて行われ、島村ジョー(009)役の福山潤、デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、飛鳥了役の日野聡、フランソワーズ・アルヌール(003)役のM・A・O、監督の川越淳、「デビルマン」原作者の永井豪が登壇した。

「サイボーグ009」の原作者である石ノ森章太郎のアシスタントを務めていた永井は、「デビルマンがジョーを掴んだときは、『やっちまえー!』と言ってました(笑)。アシスタント時代は本当に寝る時間ない、食べる時間ない、休む時間ない……。恐ろしい時間を過ごしてましたので、つい本音が出てしまいました」と語り笑いを誘う。また、キャスト陣については「歴代の役者の方々にも引けをとらない素晴らしい演技で、感動しました」と太鼓判。緊張した様子で話を聞いていた浅沼は安堵の表情を浮かべ、会場のマスコミ陣に「今のちゃんと(記事に)書いておいてくださいね」とアピールした。

舞台挨拶では、浅沼演じる不動明をM・A・Oが「ジョーとはまた違う男らしさがあっていい」と以前評したエピソードを振り返る場面も。本作の見どころを聞かれた日野は「やっぱり浅沼くん演じるデビルマンのワイルドさですね」と答え、マスコミ陣に「『日野聡、浅沼晋太郎にメロメロ』と書いておいてください」と呼びかけた。

最後に永井は、「面白かったので、(デビルマンとサイボーグ009が)もう一度戦うわけにいかないですかね?」と提案。川越が「(日野の発言は)原作においての飛鳥了と不動明の関係性ともかぶってくるものがあると思うので、その辺を深く掘り下げて次回作を」と冗談を織り交ぜつつも意欲を見せると、来場者から大きな拍手が送られた。

映画ナタリーをフォロー