映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

もりおか映画祭で「岸辺の旅」「ホルスの大冒険」など19本上映、宝田明のトークも

33

10月16日から18日にかけて岩手・中央映画劇場ほか周辺会場にて、もりおか映画祭2015が開催される。

これは盛岡市の中心市街地の活性化、映画文化の継承・発展を目的とした映画祭。本年度は「ゴジラ」シリーズで知られる宝田明をメインゲストに迎え、出演作「二人の息子」「世界大戦争」の上映と、トークショーを行う。そのほかゲストには俳優の福本清三、映画監督の高橋栄樹らが並び、出演作の「太秦ライムライト」「父のこころ」、監督作の「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」がスクリーンにかけられる。

映画祭では、第68回カンヌ国際映画祭ある視点部門にて監督賞を受賞した黒沢清の「岸辺の旅」、高畑勲が劇場アニメ初監督を務めた「太陽の王子 ホルスの大冒険」、PFFアワード2015で準グランプリに輝いた「ムーンライトハネムーン」など多彩な作品19本を上映。また市内の映画館や上映作品に関する資料を紹介する「もりおか映画館歴史資料展」、映画評論家の寺脇研らが登壇するパネルディスカッションなど多くの関連イベントが行われる。作品ごとに料金が異なるので、詳細は公式サイトにて確認を。

もりおか映画祭2015

2015年10月16日(金)~18日(日)岩手県 中央映画劇場、盛岡ピカデリー、フォーラム盛岡、大通会館リリオ
<上映作品>
「二人の息子」
「世界大戦争」
「太秦ライムライト」
「父のこころ」
「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」
「岸辺の旅」
「太陽の王子 ホルスの大冒険」
「ムーンライトハネムーン」
「インヒアレント・ヴァイス」
「劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス」
「銀河鉄道999」
「ヒロシマの校庭から届いた絵」ほか

映画ナタリーをフォロー