映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

川口春奈×林遣都「にがくてあまい」実写化、肉食女子と菜食主義のゲイによるラブコメ

156

川口春奈林遣都が主演を務める「にがくてあまい」が、2016年に公開されることが決まった。

「にがくてあまい」は、小林ユミヲの同名マンガを実写化したヒューマンラブコメディ。仕事はできるが私生活はだらしなく“肉食”の独身女性・マキと、料理好きで菜食主義者のゲイ・渚の風変わりな共同生活を描く。メガホンを取ったのは「からっぽ」の草野翔吾。脚本をヨーロッパ企画の大歳倫弘が手がけ、脚本監修は同じくヨーロッパ企画の上田誠が担当した。

マキ役の川口は「いろんな顔を持っていて、いろんな表情をし、ギャップのある愛されるキャラクターのマキを、丁寧に時にガサツに演じられたらいいなと思います!」と意気込む。また林は「ラブコメディという明るい観やすさの中に、愛や性、人生を食から学び考えさせられるこの漫画の素晴らしさを“映画”という形で皆さんに伝えられればと思います」とコメントを寄せている。

映画ナタリーをフォロー