映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ヒュー・ジャックマン、「PAN」プレミアで松田聖子に生歌唱をオファー

51

「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」ジャパンプレミアの様子。左からジョー・ライト、リーヴァイ・ミラー、松田聖子、ヒュー・ジャックマン。

「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」ジャパンプレミアの様子。左からジョー・ライト、リーヴァイ・ミラー、松田聖子、ヒュー・ジャックマン。

本日10月1日、「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」ジャパンプレミアが東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、キャストのヒュー・ジャックマンリーヴァイ・ミラー、監督のジョー・ライト、日本語吹替版の主題歌を担当した松田聖子が登壇した。

本作は、母を探すため夢と希望の国ネバーランドに旅立った少年・ピーターパンの冒険を描くファンタジー。海賊の黒ひげを演じたジャックマンは「雨の中来てくれてアリガトウゴザイマス」と日本語を交え挨拶。ミラーを「ロンドンから来た輝ける少年」、自身を「オーストラリアからやってきた年寄り」と冗談めかして紹介し、「この美しい東京に今自分たちがいることが夢のようです」と話す。

ピーターパンを演じたミラーが「こんにちは、僕はリーヴァイです」と日本語を話すと、会場からはジャックマンへの声に負けないほどの大きな歓声が。ライトはマイクを持つことを忘れ、生声で「皆さん来てくれてありがとう!」と叫んだあと照れ笑いを浮かべながら挨拶をし直す。

イベントの中盤では、ジャックマンが「リーヴァイは、昨日(9月30日)13歳の誕生日を迎えたんだよ!」と話し、「ハッピーバースデートゥーユー」を来場者たちとともに合唱。ところがミラーの誕生日を祝うサプライズ演出がイベントの中で行われる予定だったことをその場で聞かされ、「……やっちゃった。ごめんね」と茶目っ気たっぷりな表情を浮かべた。

最後に、ジャックマンは松田に「リーヴァイに、今ここで『ハッピーバースデートゥーユー』を歌ってあげてくれないかな」とオファー。快諾した松田の歌声が響き渡ると、いつの間にか雨のあがった会場は大歓声に包まれた。

「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」は、10月31日より全国ロードショー。

(c)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画ナタリーをフォロー