映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「先生と迷い猫」イッセー尾形、染谷将太らが三毛猫ドロップの登場に笑顔

327

「先生と迷い猫」完成披露舞台挨拶の様子。

「先生と迷い猫」完成披露舞台挨拶の様子。

本日8月10日、東京・新宿バルト9にて「先生と迷い猫」の完成披露舞台挨拶が行われ、キャストのイッセー尾形染谷将太北乃きいピエール瀧もたいまさこ岸本加世子、監督の深川栄洋が登壇した。

「先生と迷い猫」はイッセーが「太陽」以来9年ぶりに映画主演を果たした作品。妻に先立たれた1人暮らしの老人・森衣恭一と、亡き妻がかわいがっていた野良猫ミイ、そしてミイの存在に助けられてきた地域の人々の交流を描き出す。

ステージに上がったイッセーは「こうやって全員そろうのは初めてなんですが、改めて個性豊かな方々と共演できたんだなと感じております」と挨拶。続いて撮影現場のエピソードを尋ねられると、「染谷くん演じる小鹿が僕の家にやってくるシーンから始まったんです。染谷くんは染谷くんのペースで入ってきて、私のペースを乱すという場面で。でも演技じゃなくて、本当に乱されるんですよね」と明かす。染谷は慌てて「そういうオーダーといいますか、早いリズムでかき回せと言われまして……」と弁解するが、イッセーに「それでも、お芝居なんだからさあ」と一蹴され、笑いが起こった。

深川は「猫とイッセーさんはよく似ていて、コントロールしようと思うと本当に大変なんですけど、コントロールしようとせずにじっと見てるとすごくおもしろい。皆さんもイッセーさんを動物を観ているような気持ちでご覧になっていただけたら」と冗談を交えると、イッセーはかしこまって「同感です」と相槌を打つ。そんなイッセーとの共演について北乃は「リズムをちょっとずつずらしてほしいと監督から言われていたのですが、ずらす前からずれていたので大丈夫でした」と重ね、イッセーを笑わせる。

かつて猫を18匹飼っていたほどの猫好きだという岸本は、ミイ役を代役なしで演じきった三毛猫のドロップについて「ドロップちゃんはどの撮影もほぼ一発OKで。撮影自体も、ドロップちゃんにストレスを与えるようなやり方は一切していなかったので猫好きとしてうれしかった」と話す。一方ピエールは当初ドロップと他の猫の見分けがつかなかったと言いつつも「でも本番になるとドロップはいいタイミングでカメラを観たり、捌けるタイミングも絶妙だったりして。『あまちゃん』に出演していただけあって、さすが朝ドラ女優というか」と大絶賛。

ここで当のドロップが、ブリーダーに抱えられて登場。イッセーはドロップを抱きかかえ、「『(撮影は)いい思い出だった』って」と彼女の気持ちを代弁する。さらにカメラのフラッシュにもまったく動じず客席を見つめるドロップの気持ちを、ピエールが「『結構お客さん入ってんな』って思ってますよ」と推測し観客を沸かせた。

最後にイッセーが「すごく上品で穏やかで、品のある映画だと思っております。ご覧になっていただいて、『おもしろかった』と家に帰って噂を広めてください」と観客にアピールし、イベントを締めくくった。

「先生と迷い猫」は10月10日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー