イッセー尾形、主演作「先生と迷い猫」舞台挨拶で三毛猫の気持ち代弁

52

昨日8月10日、東京・新宿バルト9にて映画「先生と迷い猫」の完成披露舞台挨拶が行われ、主演のイッセー尾形のほか、染谷将太、北乃きい、ピエール瀧、もたいまさこ、岸本加世子といったキャスト陣と深川栄洋監督が登壇した。

「先生と迷い猫」完成披露舞台挨拶で北乃きい(左)にマイクを向けられ、「いい思い出だった」と三毛猫のドロップの気持ちを代弁するイッセー尾形(右)。

「先生と迷い猫」完成披露舞台挨拶で北乃きい(左)にマイクを向けられ、「いい思い出だった」と三毛猫のドロップの気持ちを代弁するイッセー尾形(右)。

大きなサイズで見る(全31件)

三毛猫ドロップを抱いた途端、笑顔がこぼれるイッセー尾形。

三毛猫ドロップを抱いた途端、笑顔がこぼれるイッセー尾形。[拡大]

「先生と迷い猫」は既報の通りイッセーにとって9年ぶりの映画主演作。妻に先立たれた1人暮らしの老人・森衣恭一と、亡き妻がかわいがっていた野良猫ミイ、そしてミイの存在に助けられてきた地域の人々の交流が描かれる。イッセーは「こうやって全員揃うのは初めてなんですが、改めて個性豊かな方々と共演できたんだなと感じております」と挨拶。深川監督は「猫とイッセーさんはよく似ている。コントロールしようと思うと本当に大変だけど、コントロールしようとせずにじっと見てるとすごく面白い。皆さんもイッセーさんを動物を見ているような気持ちでご覧になっていただけたら」と冗談を交えて話し、イッセーはかしこまって「同感です」と相槌を打った。

「先生と迷い猫」完成披露舞台挨拶の登壇者たち。

「先生と迷い猫」完成披露舞台挨拶の登壇者たち。[拡大]

ミイ役を演じた三毛猫のドロップが途中から登壇すると、イッセーはドロップを抱きかかえながら「『いい思い出だった』って」と撮影中の気持ちを代弁する。ピエール瀧はドロップの演技を「本番になるといいタイミングでカメラを観たり、はけるタイミングも絶妙。『あまちゃん』に出演していただけあって、さすが朝ドラ女優」と絶賛。最後にイッセーは「すごく上品で穏やかで、品のある映画。ご覧になっていただいて、家に帰って『面白かった』と噂を広めてください」と観客にアピールした。

「先生と迷い猫」は10月10日(土)に全国公開される。

この記事の画像・動画(全31件)

関連記事

イッセー尾形のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 イッセー尾形 / 先生と迷い猫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。